So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ソニー、Android 9.0 アップデート対象モデルXperia発表! [XPERIA]

先日発表されたAndroid 9.0 Pie。
AI機能の強化により、かなり便利にOSではXperia では どのモデルがアップデート対象になるのか、Xperiaユーザーなら気になるところです。

記事内容によると

Sony Mobile CommunicationsはのXperiaシリーズのスマートフォンなどの製品においてGoogleから正式版が提供開された最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを実施する機種一覧を発表しています。

グローバルモデルでは現時点でXperia XZ2およびXperia XZ2 Premium、Xperia XZ2 Compact、Xperia XZ1、Xperia XZ1 Compact、Xperia XZ Premiumのハイエンドモデル6機種については今年11月以降に順次、

「Xperia XA2」および「Xperia XA2 Ultra」、「Xperia XA2 Plus」のミッドレンジモデル3機種については2019年の早い段階に提供する予定。

今回、ソニーモバイルでは多くのAndroid 8.0 Oreoへの対応状況を問い合わせがあるとし、グローバルモデルにおけるAndroid 9 PieへのOSバージョンアップ提供機種一覧を案内

全文ソース【S-MAX】参照一部抜粋引用

発表されたモデルはすべて海外モデルのXperiaであって国内での発表は現時点で発表されていません。

日本ではキャリア(アプリ等?)関係もあってか、海外ではアップデート対象だけど国内では切り捨てられる機種もあるので、対象のXperiaを持ってるユーザーにとっては 国内でも海外のアップデート対象モデル同様、アップデートしてほしいですね^^;

nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

Sony、IFA 2018でXperia XZ3、Xperia XZ3 Compactなどを発表? [XPERIA]

もうすぐIFA 2018の開催ですが、ソニーからはXperia XZ3(又はXperia XZ2s)が発表されるんじゃないかと情報が錯綜してますが、次期コンパクトモデルとなるXperia XZ3 Compactも発表される?という情報が・・・

記事内容によると

IFAの公式Webサイトにて各社のプレスカンファレンスの開催予定が掲載されており、ソニー以外にもLGやTCL、Wiko、シャープ、Acerなども開催する予定。
ソニーは昨年と同じMesse Berlin内の「Hall 20」にてブースの展示およびプレスカンファレンスを実施。

ソニーのプレスカンファレンスは日本時間(JST)では8月30日20時から。

ソニーモバイルでは公式Webサイトにて「H8416」「H9436」「H9493」という3つのスマホのUser Agent Profile(UAProf)を新たに掲載しており、近く少なくとも3機種が投入される計画であることが示されています。恐らく噂などから次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」(仮称)シリーズなどが発表されるのではないかと見られます。

今年4月より経営体制が一新され、新たなスタートを切っており、よりソニーのカメラ事業との連携も強化されているなど、これまで通りに同社ならではの付加価値の高い製品を投入するという方針は変わらず、さらなる商品競争力のアップをめざしています。

全文ソース→【S-MAX】参照一部抜粋引用

品番が3つあるみたいなので、これまで通りのシリーズでいくならXperia XZ3、Xperia XZ3 Compact、Xperia XZ3 Premiumだと思いますが、Premiumシリーズを1年に2機種発表したことはないので、全く新しいXperiaとして発表するのか、それともスマホではない端末か・・・
色んな想像をして楽しみにしてます^^;

nice!(26)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

Xperia XZ3シリーズ認証期間通過? [XPERIA]

IFA 2018で発表されると思わるXperia XZ3が認証機関を取得したようです。

記事内容によると

ブラジルの認証機関ANATELにてXperia XZ3シリーズと思われる「H-9461」「H-9463」が発見されました。

3060mAhのバッテリーを搭載しているようです。

全文ソース→【すまほん!!】参照一部抜粋引用

この情報通りだとすると少なくとも2~3機種発表されそう?

バッテリー容量がXperia XZ2に比べると若干減ってますが、yスペックダウンは考えにくいので待受時間等はXperia XZ2より増えるんじゃないかと思ってます。

発表の8月30日までもう少し、続報に期待です♪^^

nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

Xperia XZ2 Premium 思ったより好評価、開発者インタビュー♪ [XPERIA]

Xperia XZ2 Premiumが発売されてから1週間。
発売前から賛否両論あり、厳しい評価もありましたが、価格.comのランキング、レビューを見ると思ったより評価は高いと感じました。

価格.comスマートフォン人気ランキング→ http://kakaku.com/keitai/smartphone/ranking_3147/
(2018年8月3日 21時 2位)

IFA 2018が開催間近とあって、ランキングやレビューが気になっていましたが、発売前の事を思うと、まずまずのスタートではないでしょうか?

そろそろ機種変更を考えてる方はレビュー等も参考にするのもいいかもしれません。

ソニモバ公式サイトではXperia XZ2 Premiumの開発インタビューが載ってます♪

https://www.sony.jp/feature/products/180607/?s_tc=jp_gp_mobile_201806_feature_1





nice!(26)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

ソニー2018Q1決算でソニモバ下方修正!課題は・・・ [XPERIA]

親会社ソニーが7月31日に第1四半期連結決算を発表しました。

ソニーグループ全体としては好調・・・

なんですがXperiaのソニーモバイルは下方修正に・・・

記事内容によると

第1四半期のモバイル・コミュニケーション部門の売上は1325億円と前年同期比で487億円の大幅な減収。昨年はかろうじて黒字だった営業利益も赤字に転じてしまい、マイナス108億円。

その要因は、スマホの販売不振。
欧州やソニーモバイルが得意としていた日本で、販売台数が減少してしまったことが要因に挙げられています。

ソニーのCFOで、直前までソニーモバイルの社長を務めた十時裕樹氏は、スマホ不振の要因を次のように説明しています。
「欧州、日本を中心に見込んだ数字よりもセールスが落ちている。競争環境が非常に厳しいこともあるし、我々の商品力自体が競合に対して優位でないところもあるかもしれない」

最近のソニーモバイルは、業績の悪化に伴い、ラインナップを上位モデルに絞り込むのと同時に、販売地域も縮小し、「勝てる市場」で「勝てるモデル」に絞り込んでビジネスを展開するといった戦略を取っていました。
この目論見がうまくいかず、実際には市場を自ら縮小し、残ったモデルが競合に勝てず、さらに市場を縮小するという負のサイクルに陥っているようにも見えます。

ハイエンドモデルに注力するという方針も、今の日本市場の状況には逆行しています。

対照的なのがシャープで、昨年発売したフラッグシップモデルの「AQUOS R」でブランド統一を図りつつ、ミドルレンジモデルの「AQUOS sense」できっちり売上を伸ばし、業績も好転。

過去、ソニー(当時はソニー・エリクソン)は、iモード端末から戦略的に撤退しつつ、Walkmanケータイなどで伸びていた海外事業に注力し、そこで生み出したXperiaブランドを日本に逆輸入するウルトラCを繰り出しました。

このような大胆さは、今のソニーモバイルやXperiaに欠けているところ。

全文ソースソース→【Engadget 日本版】参照一宇抜粋

ソニモバの業績不振は前回の決算時に発表されたので、簡単に業績回復するとは思ってなかったのであれですが、やっぱり下方修正、しかも日本での販売が予想を下回ってるのはXperiaファンとして寂しいニュースですね・・・

ミッドレンジモデルを日本投入には消極的なので、神機と言われたXperia Z3、そして最近発売されたXperiaでは評判が良くXperia Z3同等の神機と言われたXperia XZ Premium以上のXperiaの登場に期待でしょうか・・・

もうすぐIFA 2018も開催されます。そして来年からは5Gも始まると言われていて、5Gスマホも登場するとみられてます。

「こういうのを待ってた」そう思えるようなXperiaが発表されるのを待ってます♪


nice!(26)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

ソニーモバイル創業からの携帯電話が勢揃い! [XPERIA]

今ではほとんどの人が持ってるといい物といえばスマートフォンだと思うんですが、皆さんは いつ頃からスマートフォン(ガラケー)を使ってますか?

うちはソニー・エリクソン時代の時からドコモのガラケー(1回だけ途中auに変更しましたがauで気に入ったソニエリ機種が発売されたので それが目的で^^;)を使ってますが、ガラケーを1番最後に使った機種は、このブログのアドレスにも入ってるドコモのSO905iでした。

これまで何回もソニーの端末を使ってきてますが、ソニーモバイルのサイトで歴代のソニー(エリクソン時代含む)の携帯電話が公開されているのを見て懐かしさもあると同時に、いま見てもインパクト絶大だと思う携帯電話・・・

その端末はauから発売されたW44Sという機種で うちもこの機種を使ってたんですが とにかくヒンジが大きくてインパクト大のガラケーでした^^;

縦にも横にも開くという当時としては画期的でワンセグに特化したガラケーでズボンのポケットにギリギリ入る大きさ、何よりヒンジ部分が かなり大きくて目立ってしまう…けど、当時の自分はカッコいいと思い機種変更^^;

MUSEUMとして公式に公開されてるので、ソニー端末を使った事がある人はもちろん、そうでない人も「こんな携帯電話」があったんだ。と懐かしさを感じるのも良いかもしれません^^

ソニーモバイル MUSEUMサイト→ https://www.sonymobile.co.jp/company/museum/




nice!(27)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

なぜ「Xperia XZ2」より「XZ1」が売れているのか? [XPERIA]

Xperia XZ2 Premiumも発売されて ほぼ今年の夏モデルは発売されましたが昨年発売されたXperia XZ1の売れ行きがXperia XZ2より売れているというのは知ってはいたんですが、どうして旧モデルのXperia XZ1が最新のXperia XZ2より売れているのか・・・

記事内容によると


まず考えられるのが「価格」の違い。
現在のXperia XZ1は、発売当初よりも価格が安くなっているか、端末購入補助が手厚くなっている。

3キャリアとも、ほとんどのケースでXperia XZ1の方が安いので、それが購入の動機になっているといえる。
ただ、Xperia XZ2にXZ1の安さを超える魅力があれば売れるはずだ。

XZ2はXZ1よりも分厚く、重くなっており、2機種を手にしたときの印象はだいぶ違う。
XZ1は薄くて軽くて持ちやすいが、角がとがっているため手のひらに当たって違和感がある。XZ2はずっしりとした重さがあるが、コーナーも丸いので持ち心地はXZ1よりも良い。

もう1つ大きな違いは「指紋センサー」の場所。

スペックは、当然ながらXperia XZ2の方が優れている部分が多い。

アウトカメラは有効約1920万画素で2機種とも同じ。

スマホで音楽を聴くユーザーに影響が大きいのが、Xperia XZ2で3.5mmのイヤフォンジャックが廃止されたこと。

比較詳細全文ソース→【IT media Mobile】参照一部抜粋引用

最新機種のiPhone XよりiPhone 8の方が売上人気は今も続いてるのに ちょっと似てるなと思いました。(海外での売上は分かりませんが)

好みや慣れもあるので どちらがXperia XZ1の方がベゼルも広いので、ベゼルは古いとか言われてますがベゼル幅等はあまり関係ないかもしれないですね・・・

Xperia XZ Premiumもベゼル幅は広い方でしたがXperia Z3なみに評判良かったので。

やっぱりショップ等で実際に手にして確認するのが良いかもしれないです♪


nice!(27)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

Xperia XZ3 レンダリング画像公開! [XPERIA]

IFA 2018で発表されると思われるXperia XZ3のレンダリング画像が公開されました。




見る限り なかなかカッコいいデザインじゃないでしょうか?

背面はカーブがかかってるように見えますが、Xperia XZ2シリーズに比べると若干カーブの高さが低くなってる感じに見えます。

あとレンズがシングルに戻っていること・・・

最近 発表されたソニーの新イメージセンサーが搭載されるのか、もし搭載されるとしたら単眼レンズでどのくらいのスペックなのか注目です^^

全文ソース→【すまほん!!】参照



nice!(29)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

Xperia XZ3はフロントカメラもデュアル仕様か!? [XPERIA]

来月開催のIFA 2018 で発表されると言われてる次期Xperia XZ3(仮)、発表される次期Xperiaはフロントカメラもデュアル仕様・・・という情報が

記事内容によると

スマホのカメラはデュアルレンズが珍しくはなくなり、ポートレート撮影の強化やボケ効果などなど、多彩な写真を撮れる時代になってきました。
ソニーは「オーディオのソニー」といわれただけあって、ハイレゾ対応の新モデルを出したり、いまも世界でXperiaシリーズを盛り上げようとしています。

XDAが報じたリーク情報によれば、次期モデルの「Xperia XZ3」は、背面にデュアルカメラを搭載するのは当然のこととして、フロントカメラもデュアル仕様に。

ベゼルトップに内蔵されるフロントカメラがデュアルレンズになることで、合計4個のカメラを標準装備するスマートフォンになるようです。

全文ソース→【GIZMODO】参照一部抜粋引用

確定したわけじゃないないのであれですが、年々スマホのカメラ機能は進化しっていますね^^;

IFA 2018で何機種のXperiaが発表されるか注目どころ盛りだくさんです♪


nice!(25)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

ワンソニーで開発、Xperia XZ2 Premiumのデュアルカメラに迫る! [XPERIA]

発売日も決まったXperia XZ2 Premium、特徴はなんと言ってもシリーズ初となるデュアルカメラ搭載という事。


デュアルカメラ搭載のスマホは既に発売されてますがXperia XZ2 Premiumのデュアルカメラは何が凄いのか・・・

記事内容によると

最大の特徴は、カラーとモノクロの2つのセンサーを組み合わせるという仕組み。
カラーとモノクロの組み合わせは、すでにファーウェイがPシリーズなどで実現していますが、Xperiaのデュアルカメラはファーウェイと比べるとその目的が違っています。

Xperia XZ2 Premiumは、「高感度画質の向上」を狙ったデュアルカメラに仕上げています。
ファーウェイの場合、解像感とダイナミックレンジで有利なモノクロセンサーをベースにカラーセンサーで色づけするイメージで、全体的な高画質化を狙っていました。

それに対し、高感度に着目したXperia XZ2 Premiumは、低感度時はデュアルカメラとしては動作しないそう。

商品設計部門カメラ設計部主任技師の高野浩司氏は「明るいところではカラーセンサーだけで十分なので、二眼を使う必要がない」と解説します。

これは、高感度時にモノクロセンサーを使って高画質化する、という狙いのもとに開発されたからだといいます。

デュアルカメラを採用する既存のスマートフォンでは、高感度画質の高画質化に加え、2つのカメラで距離を測定して疑似的にボケを作り出したり、焦点距離の異なるレンズを使った画角を切り替えや、カラーとモノクロの切り替えといった機能を提供しています。

Xperia XZ2 Premiumでは、このうち高感度画質の向上とボケの生成、モノクロ撮影の機能を提供します。

ただし、ボケの生成とモノクロ撮影機能は発売後のアップデートでの提供になるそうです。

全文ソース→【マイナビニュース】参照一部抜粋引用

中国企業のHuaweiの最新スマホのカメラ撮影での画質の評判の良さはネットニュースで見ただけですが、かなり良いみたいですね^^;

最近のスマホでの撮影はパッと見あまり違いがわからないですが、夜景に関しての撮影は素人目でも違いが分かると思います。


今夏の最新のスマホでの夜景撮影比較動画を見たんですが、Xperia XZ2Pはヒイキなしで1、2を争うんじゃないでしょうか? 

ソニー含む各企業もそうなんですが スマホの場合サイズが限定されてるので その中で思考作されて開発されて細かい部品とか組み合わせて実現できたカメラ機能だと思うと企業努力が伝わってきます・・・


nice!(30)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース