So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アップル説明不足を謝罪!日本でもバッテリー交換値下げ&今後の対応発表! [企業]

昨年末、アップルのiPhoneがアップデートでスマホ本体の動作を遅くさせるというのを正式に認め、海外ではアップルに対して提訴してる人達もいて話題になりましたが、その後アップルが説明不足を謝罪して今後の対応策を発表しました。

記事内容によると

・iPhone 6以降の端末でバッテリー交換が必要な場合、保証対象外の交換費用を現在の79ドル(8800円)から29ドルへ改定する。(保証対象ならば従来から無料)

・2018年早期の iOSアップデートで、バッテリー劣化状況の表示を追加。
性能に影響を与えているかどうか、ユーザーが把握できるようにする。

・電源管理についても改良を続ける。

今回の騒ぎは、遅くなった古い iPhone のバッテリーを交換したら、駆動時間が伸びるだけでなく動作が快適に戻ったという現象の報告が相次いだことが発端。

バッテリー交換前後の速度比較といった検証を経て、iOSの意図的な挙動ではないか?との推測が広まりました。

アップルはさらに、バッテリーが経年劣化したiPhoneを使い続けているユーザーに対して、バッテリー交換費用の値下げも実施。

現状、保証外のバッテリー交換費用は一律に79ドル(8800円)であるところ、29ドルに改定します。

期間は2018年の12月まで。

対象は「iPhone 6以降でバッテリー交換の必要がある場合」。詳しい条件等は今後のアップルのウェブサイトに掲載されます。

加えて、2018年の早い時期の iOS アップデートでは、バッテリーが経年劣化しているか、性能に影響を与えているかをユーザーに表示する改良も追加予定。バッテリーの劣化と制限が原因で遅いのか、そうでないのか把握できるようになります。

全文ソース→【Engdget 日本版】参照一部抜粋

バッテリー交換値下げは日本でも対象になっていて、バッテリー交換料金は3200円だそうです。
動作が遅いと思ったらバッテリー交換料金が下がってるのでiPhone6 以降の機種を持ってる方は検討した方がいいかもしれません


nice!(27)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース