So-net無料ブログ作成

ソニーの技術で「超体感シネマ『マジジュマンジ』」限定公開へ! [ソニーピクチャーズ]

最近は4D映画の技術も進化していて、自分が映画の中にいるような体験をしながら観ることができますが、今日から期間限定で公開される映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」でソニーの技術力を使ったのは凄いことに・・・

記事内容によると

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、ソニー、TOHOシネマズの3社は、3月29日より東京日比谷にオープンする複合施設 東京ミッドタウン日比谷内のTOHOシネマズ日比谷において、超体感シネマ「マジジュマンジ」の上映を行なう。

上映期間は4月5日で、利用料金は通常鑑賞料金据え置き。

超体感シネマ「マジジュマンジ」は、4月6日より全国ロードショーとなるソニー・ピクチャーズ エンタテインメントのアクション映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」を、ソニーが研究中の「ハプティック技術」を用いたベスト「ハプティックベスト」を着用して楽しめる期間限定の体感型アトラクション。

キーとなるソニーの「ハプティック技術」は、触覚提示技術と訳され、ベストに付けられた10個の振動デバイスの振動により、映画シーンを触覚で体験できるというもの。

同じ触覚型の4DXやMX4Dが、座席シートの振動や、その周囲に取り付けられた専用デバイスからの生み出される風雨や香りによってリアルに映画を体験できるのに対し、ハプティックベストは、より直接的で、パーソナルな体験が可能なところが最大の違いとなる。

体験する前の準備は、ベストを着るだけ。
ベストは、シート左袖のドリンクホルダーにケーブルで繋がっており、前のジッパーを開けて身につける。

振動を正しく伝えるために体とベストを密着させる必要があり、両サイドの着脱式のマジックテープを使ってコルセットのように左右から体に密着させる。

4DXやMX4Dと違って、シート自体は通常のものと変わらないため、カバンや所持品を預ける必要はなく、足元に置くことができるのが良いところ。

ソニーの大原弘嗣氏は、「触覚技術を通じて誰かの気持ちに感情移入できる」と語る。

今回はあくまでTOHOシネマズ日比谷のこけら落としイベント限定の特別イベントで、実用化は前提としていない。

映画「ジュマンジ」が本公開となる4月6日以降は一斉に取り払われ、再公開は予定されていない。

今後、ソニー・ピクチャーズのフラッグシップである「スパイダーマン」の新作で採用されるのか、あるいはプレイステーション 4向け新デバイスとして登場するのか

現時点ではエンターテインメント用途の利用が中心だが、技術的にはエンターテインメントに限らず、教育、医療、ビジネス等のあらゆる分野での可能性を模索しながら研究開発を続けていきたいという。

全文ソース→【GAME Watch】参照一部抜粋引用

ベストを着るだけで4DX/MX4Dとは違った体験をしながら観れるのは凄いですね^^;

TOHOシネマズ日比谷のイベント限定みたいなので、行けそうな人は体験してみるといいかもしれません♪



nice!(15)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 15

コメント 3

ナベちはる

こんばんは。
今までに無かった技術を体験することに必要なのが「映画館でベストを着るだけ」。お手軽で良いですね!!
by ナベちはる (2018-03-30 00:32) 

トレンダー櫻井

おはようございます!
映画館も進化してますね(^^♪
by トレンダー櫻井 (2018-03-30 06:25) 

楓のXPERIA

ナベちはるさん、 トレンダー櫻井さん>こんばんは。
ベストを着ての体感なので振動とかピンポイントで伝わるんでしょうね^^
今回は一部限定でしたが、ぜひ全国展開して欲しいです♪
by 楓のXPERIA (2018-03-30 18:09)