So-net無料ブログ作成
検索選択
ウォークマン ブログトップ
前の10件 | -

ソニー、IFA 2017発表ウォークマン&ヘッドフォンを10月7日発売決定♪ [ウォークマン]

IFA 2017で発表されたウォークマンの国内発売日が公式発表されました♪

記事内容によると

「A40シリーズ」を10月7日に発売。
従来モデルとは異なり、64GBはイヤフォンが別売。

カラーは一新され、ムーンリットブルー、ペールゴールド、グレイッシュブラック、トワイライトレッド、ホライズングリーンの5色。

ウォークマン2017.jpg

4.4mmのヘッドフォンバランス接続に対応した上位モデル「NW-ZX300」も同じ10月7日に発売。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋引用

Zシリーズの後継機は欧州と同じく10月発売。
Aシリーズの後継機は、IFA 2017で発表された時 欧州では2018年初頭とあったので、今回は日本でもAシリーズは遅れて発売されるのかと思ったら、日本では予想してた通り10月発売に♪

しかも、IFA2017 で発表されたイヤフォン3モデルもウォークマンと同じ10月7日発売♪

すでにソニーストアでは予約が始まってるので興味ある方はチェック♪^^

因みに、個人的に注目してた左右分離型完全ワイヤレスイヤフォン【WF-1000X】の価格は約2万5000円です^^:

http://www.sony.jp/walkman/?s_pid=jp_top_PRODUCTS_WALKMAN 

http://www.sony.jp/headphone/




nice!(21)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

IFA 2017!ソニー、後継機ウォークマンを発表♪ [ウォークマン]

スマートフォンに引き続きウォークマンの後継機も発表♪

記事内容によると

ウォークマンの新製品「NW-ZX300」を発表。
Signatureシリーズ「WM1」の高音質化技術や、4.4mm 5極のバランス出力を取り入れながら、コンパクトさも追求したミドルクラスモデル。

IFA2017ウォークマン.jpg

「A40」シリーズも発表。
、内蔵メモリ16GBでイヤフォンを同梱する「NW-A45HN」、16GBでイヤフォン無しの「NW-A45」をラインナップ。

IFAウォークマン2.jpg

NW-ZX300の特徴は、最上位「WM1」シリーズで採用された、新開発の独自フルデジタルアンプ「S-Master HX」を採用。

これにより、DSDのネイティブ再生を実現。
ステレオミニのアンバランス出力に加え、4.4mm 5極のバランス出力も新たに装備。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

Aシリーズはデザイン的に余り変わってないないですが、新機能追加など中身は変わってます♪
発売が10月頃だと予想してたんですが、発売は欧州で2018年初頭の発売を予定で、上級クラスのNW-ZX300は欧州で今年の10月発表なので、これは日本でも同じ月には発売するんじゃないかと思います♪




nice!(22)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、新音楽再生アプリを無料提供。Media Go後継だがx-アプリベース♪ [ウォークマン]

ソニーのウォークマンやXperiaで音楽を聴いてる人はソニーの音楽アプリMedia GOを使ってる人も多いと思いますが、新しく新音楽再生アプリが無料提供されるそうです。

記事内容によると

ソニーは、ウォークマンや同社オーディオ機器向けのWindows用音楽ファイル管理/再生アプリ「Sony | Music Center for PC」を8月29日より無料提供する。

新ウォークマン「S310シリーズ」や、Bluetoothスピーカー、AVアンプなどのソニーオーディオ製品用のWindowsアプリとなり、対応OSはWindows 7/8/10。

対応機器は2012年秋以降発売のウォークマンと、ソニーハイレゾオーディオ製品。

近年のソニーオーディオ製品では、「Media Go」が標準の音楽管理アプリとして推奨されていたが、Media Goに代わるものとして展開。

Media Goから動画や写真の管理/転送機能が省かれ、音楽専用のプレーヤー/管理アプリとなったほか、歌詞編集機能も省略されている。

ハイレゾ再生機能やホームネットワーク機能などを備えた、音楽プレーヤー/サーバーソフトウェアで、スマホアプリ「Music Center」と同ブランドする。

ソフトウェアのベースには、以前ウォークマン用アプリとして展開し、現在も提供を続けている「x-アプリ」を利用。

音楽再生機能や、ホームネットワーク(ネットワークオーディオ機器への楽曲配信)、イコライザー機能などを搭載。

USB DAC接続時には、ASIO、WASAPIの両ドライバに対応する。音楽CDのリッピングも可能で、FLAC、WAV、MP3、AAC形式に対応。

プレイリスト機能も備えている。

音楽配信サービス「mora」の楽曲購入/ダウンロード機能内蔵。

Media Goは、Sony Network Entertainmentなど3社共同開発のアプリとなっていたため、音楽専用のアプリとして、ソニービデオ&サウンドプロダクツの専用アプリとして「Sony | Music Center for PC」に切り替え。Media Goについては、Music Centerへの移行状況などを見ながら、提供終了日時を決定するとしている。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋引用

moraの楽曲購入購入を簡単にダウンロード出来る機能は継承さてますが、個人的には動画の転送が省かれたのが残念でしょうか^^;

Xperiaから直接moraでダウンロードすればいいんでしょうが...

最近のウォークマンは動画も省いてるので、より簡潔に音楽専用のみに特化したアプリになるんじゃないかと思うので、Media GOを使ってる人はチェックしてみるといいかもしれません♪


nice!(25)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、ぐっとシンプルに機能を絞ったウォークマン「S310」発表!ディズニーモデルも♪ [ウォークマン]

このまえ、Xperia XZ1はイヤフォンジャックが廃止されるんじゃないかという記事の中で、2017年モデルウォークマンが10月頃に発売されるんじゃないかと書き込みましたが、すみません 1ヶ月早まって9月だそうです^^;

記事内容によると

ソニーは、ウォークマンのエントリーシリーズとなる「S310シリーズ」を9月9日に発売。

価格はオープンプライス。店頭予想価格は、内蔵メモリ4GBの「NW-S313」が12,000円前後、16GBの「NW-S315」が16,000円前後。スタンド兼用スピーカーのセットモデルは、4GBの「NW-S313K」が15,000円前後、16GBの「NW-S315K」が19,000円前後。

ウォークマンS.jpg

ウォークマンS2.jpg


従来機種のS10シリーズのユーザーは、10代が41%と最も多く、5台に2台がプレゼント用となっていた。

ユーザーのニーズの高い、音楽再生機能と音質、デジタルノイズキャンセリングなどの機能に絞り、動画再生や写真表示機能は削減。ユーザーインターフェース(UI)をシンプルにして、使いやすさを向上。

10代の利用者が多いことから、ニーズの高い語学学習機能は引き続き搭載。

発売中のS10シリーズに比べると、ディスプレイが小型化され、対応フォーマットが減り、BluetoothもaptXコーデックが省略、VPTやDSEE、ClearAudio+などの独自の高音質化機能も省かれ、バッテリ駆動時間も短縮。

ソニーによれば、部材調達の関係や、プラットフォームの一新にともない、「よりシンプルで使いやすいウォークマンエントリー機種」を目指したとしており、価格は据え置きながら16GBモデル(従来は8GB)を用意するなど、Sシリーズユーザーに使われている機能に注力したとのこと。

そしてディズニーモデルも同時に発表♪

ウォークマンディズニー.jpg
ディズニーモデルは10月13日10時までの期間限定販売です♪


全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋引用

価格はそのままで曲数を沢山入れられる容量が増えたのは良いですね♪
プレゼントにも良さそうで^^

ソニーストア→ http://www.sony.jp/walkman/products/NW-S310_series/

SONY ウォークマン Sシリーズ 16GB ブルー NW-S15/L

SONY ウォークマン Sシリーズ 16GB ブルー NW-S15/L

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(25)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、初音ミク10周年モデルウォークマン&ポータブルスピーカー販売開始! [ウォークマン]

今年で初音ミクは誕生10周年。

これまでも、ソニー製品と何度かコラボした初音ミク。


初音ミク誕生5周年の時には限定モデルとして初音ミクウォークマンを発売しました。
(この10年の間に初音ミクXperiaや初音ミクヘッドフォン等)

なので、今年で誕生10周年モデルも発売されるんじゃないかと思ってましたが、今日から初音ミク10周年モデルが販売されました♪


初音ミク10周年ウォークマン.jpg


8月23日10時までの期間限定、数量限定販売。

直販サイトのソニーストア、直営店のソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神、および全国のe-ソニーショップ、一部の家電店で販売。
ソニーストアの店舗と一部の家電店では、6月23日より展示も順次開始。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋引用

5周年モデルの時は販売期間前に限定数に達して販売終了になるほどの人気でした。

今回の10周年モデルは初音ミクモデルをはじめ、鏡音リン(レン)、巡音ルカの3モデル♪

ウォークマン本体のベースはAシリーズでハイレゾ対応♪

そしてワイヤレスポータブルスピーカーも発売♪

各キャラのイメージに合ったカラーなので、3色とも良いですね♪

興味ある方はチェックした方がいいかもしれません♪^^

ソニーストア 初音ミク10周年記念モデル
http://www.sony.jp/walkman/store/special/miku10th/





nice!(22)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、「FINAL FANTASY XV」仕様のウォークマンAとヘッドフォン&スピーカー発売♪ [ウォークマン]

ソニーは、ハイレゾ対応ウォークマンと、ヘッドフォン、スピーカーの「FINAL FANTASY XV EDITION」を'17年2月10日11時の期間限定、数量限定で発売。
ウォークマンA「NW-A35HN/FF」

 「FINAL FANTASY XV」とコラボレーションしたスペシャルエディションのウォークマンA(A35/A36シリーズ)と、ヘッドフォン「h.ear on(MDR-100A)」、ワイヤレスポータブルスピーカー「h.ear go(SRS-HG1)」。本体にFINAL FANTASY XVのロゴなどをデザインしている。

MDR-100A/FF
h.ear go(SRS-HG1)


合わせて、オリジナルデザインの「FINAL FANTASY XV オリジナル・サウンドトラック」mora Hi-Res music Cardも用意。このカードは「FINAL FANTASY XV EDITION」との同時購入者限定で販売される。

10月に発売されたハイレゾ対応ウォークマンAの新機種で、イヤフォンも付属するNW-A35HN(16GB)とNW-A36HN(32GB)をベースにしたコラボモデル。
本体背面に、「XV」のロゴと、FINAL FANTASY XV登場キャラクターのノクティス、グラディオラス、イグニス、プロンプトのドット絵イラストを使用したデザインをプリント。
アイコンの色などが通常モデルと異なる


本体のライブラリ画面で表示されるアイコンの色を、FINAL FANTASY XVのロゴの色に変更。
オリジナルパッケージに収納して販売。

オリジナルパッケージのデザイン

'15年に発売されたハイレゾ対応ヘッドフォン「h.ear on(MDR-100A)」をベースとしたFF XVエディション。ハウジング部分に「XV」のロゴを刻印し、オリジナルパッケージ入り。
パッケージ

4月に発売された無線LAN/Bluetooth搭載ポータブルスピーカー「h.ear go(SRS-HG1)」のコラボモデル。
本体天面にFINAL FANTASY XVのロゴと、登場するキャラクター、その愛車レガリアのシルエットをあしらったデザインを刻印。オリジナルパッケージに収納。
SRS-HG1/FF

音楽配信サイトのmoraで「FINAL FANTASY XV オリジナル・サウンドトラック」をダウンロードできる、ソニーストアオリジナルの「mora Hi-Res music Card」も6,000円で発売。

FINAL FANTASY XV EDITIONとの同時購入する場合のみ入手可能となっており、同カードでダウンロードできるのは、「FINAL FANTASY XV オリジナル・サウンドトラック」のみ。
購入者特典として、オリジナルデザインのB2サイズポスターを用意。


moraでの「FINAL FANTASY XV オリジナル・サウンドトラック」の配信開始は12月21日を予定。なお、このカードが無くても、サントラ楽曲の購入は行なえる。

mora Hi-Res music Card のデザイン
オリジナルポスター
全文ソース→【AV Watch】参照ほぼ転載

今日はゲームファン注目の大作RPG・FINAL FANTASY XVの発売日♪
と、同時に、FINAL FANTASY XVモデルのウォークマンやヘッドフォン等も販売開始♪

数量も限られてるので、ファンはチェックしてみると良いかもしれません^^
ディズニーとのコラボウォークマンは可愛い、今回のFFウォークマンはカッコいいですね♪

ソニー FF15ウォークマン特設サイト http://www.sony.jp/walkman/store/special/a-ffxv/





PlayStation 4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION (1TB)【初回生産特典】武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱

PlayStation 4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION (1TB)【初回生産特典】武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱

  • 出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • メディア: Video Game



nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、ディズニーキャラ刻印の冬限定ウォークマンS。数量限定シンデレラBOXも! [ウォークマン]

ソニーは、ウォークマンSシリーズの特別モデルとして、12種類のディズニーキャラクターデザインを選んで刻印できる「Disney Characters Magical Series」と、シンデレラのデザインをあしらった数量限定セット「Disney Princess Magical BOX」を17年2月10日11時までの期間限定販売。

ディズニーウォークマン1.png

どちらも単体モデル(4GB/8GB)と、型番末尾に「K」がつくスピーカー付きモデル(4GB/8GB)を用意する。カラーはメモリ容量によって異なり、4GBの「NW-S13/S13K」がブラック、ビビッドピンク、ブルー。
8GB「NW-S14/S14K」がブラック、グリーン、ホワイト、ビビッドピンク、ライトピンク、ブルー。

ディズニーウォークマン限定.png

デザインは、ミッキー、ミッキー&ミニー、ラプンツェル、ふしぎの国のアリス、くまのプーさん、チップ&デール&クラリスの6点。1つのデザインにつき線画またはシルエット画の2パターンが用意され、計12種類から選べる。
選んだデザインを本体背面に刻印できるほか、それと組み合わせて、希望のメッセージ(アルファベット・数字で1~10文字まで)も刻印可能。フォントは3種類から選べる。また、選んだデザインに合わせたオリジナル壁紙1枚をプリインストール。

ディズニーウォークマン全モデル.png

選んだデザインを本体背面に刻印できるほか、それと組み合わせて、希望のメッセージ(アルファベット・数字で1~10文字まで)も刻印可能。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

どれもカラフルなデザインに仕上がってるウォークマンで、希望のメッセージも刻印できるので、世界に一つしかないウォークマンを持てます♪

クリスマスププレゼントにも最適なウォークマンだと思います。

http://www.sony.jp/walkman/store/special/s-disneymagical2016series/


nice!(15)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、「七つの大罪」とコラボしたウォークマンAとヘッドフォン。特別楽曲をハイレゾ収録! [ウォークマン]

ソニーは、ウォークマンAとヘッドフォン「h.ear on」(MDR-100A)の特別デザインとして、アニメ「七つの大罪」とコラボした「七つの大罪 メリオダス オリジナルモデル」2製品をソニーストアで販売。

2017年1月11日11時までの期間限定販売。

「七つの大罪」は、「週刊少年マガジン」に連載されている鈴木央のコミックで、2014年にテレビアニメ化、2016年にはテレビスペシャルが放送され、新作テレビシリーズの製作も決定。

ウォークマンとヘッドフォンにデザインされるのは、七つの大罪の団長で、「憤怒の罪」(ドラゴン・シン)と呼ばれるメリオダス。ウォークマンは筐体背面に、憤怒の罪の刺青を刻印。
ヘッドフォンは左右のハウジングに、憤怒の罪の刺青と七つの大罪ロゴを配している。

七つの大罪ウォークマン.jpg

七つの大罪イヤホン.jpg


ウォークマンには、瀧川ありさが手掛けた「七つの大罪」テレビシリーズの楽曲から、デビュー曲「Season」と最新シングル「色褪せない瞳」をアレンジし、一つの楽曲にした「The Seven Deadly Sins Medley」をハイレゾ音源でプリインストール。

ウォークマンもヘッドフォンも、パッケージはオリジナルデザイン。
直営店のソニーストア 銀座・名古屋・大阪・福岡天神では製品の展示も行なう。
展示コーナーでは、メリオダスの録りおろしセリフも試聴でき、「まるで耳元で囁かれているかのような繊細な“ハイレゾボイス”」が楽しめる。

購入者全員特典として、B2サイズの描き下ろしポスターもプレゼント。

抽選で20人を、コラボモデル発売記念イベントに招待。瀧川ありさと、メリオダスを演じる声優・梶裕貴がゲストとして参加予定。トークショーに加え、瀧川ありさによるアコースティック生ライブや、梶裕貴による名シーンの生セリフ披露なども予定されている。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

まさか七つの大罪とコラボするとは思ってもみませんでした^^;

漫画は読んだことあるので、デザインは原作通りに再現されてて、色もレッドで似合ってるかつ、かっこいいデザインかと思います♪

今日から期間限定販売販売、一部店舗で展示されてるので近場の人は体験してみるのも良いかもしれません♪

ハイレゾで聴くと、もう普通の音質には戻れないかも♪

Season(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

Season(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SME
  • 発売日: 2015/03/04
  • メディア: CD

Season

Season

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SME
  • 発売日: 2015/03/04
  • メディア: CD
色褪せない瞳(期間生産限定盤)(DVD付)

色褪せない瞳(期間生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SME
  • 発売日: 2016/09/07
  • メディア: CD

色褪せない瞳

色褪せない瞳

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SME
  • 発売日: 2016/09/07
  • メディア: CD
     

ソニーによるお知らせ→
http://www.sony.jp/walkman/store/special/a-7taizai/index.html


nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、約30万円の「超高級ウォークマン」は高すぎる? [ウォークマン]

ソニーは2016年9月8日、筐体に金メッキ加工を施した「黄金のウォークマン」ことNW-WM1Zを日本で発表。実売価格は約30万円。

同時に発表された、NW-WM1Zの下位モデルであるNW-WM1Aは12万円前後。こちらも携帯音楽プレーヤーとしてハイエンドだが、WM1Zは20万円台を飛び越え、30万円という価格帯に入った。
「高すぎる」と感じるユーザーもいるだろうが、実はそうではない。

ソニーによると、実売価格5万円以上の携帯音楽プレーヤー市場は前年比120%で拡大中。

携帯音楽プレーヤーの市場では、さらに高価なモデルも人気を博している。

例えばオーディオマニアの間で評価の高い韓国iRiverが展開するAstell&Kernブランドでは、2016年2月に登場したAK-380-256GB-CP(CPはカッパー、銅素材の意味)が直販価格で54万9980円と、なんと50万円オーバー。

AK-380-256GB-CPのベースモデルであるAK380も、2015年7月の日本発売開始時点で約35万円と、既に30万円を超えていた。

高級携帯音楽プレーヤー市場において、海外メーカー製は10万円台前半がエントリーモデルであり、20万円台でミドルレンジとなる。
この分野のトップブランドであるソニー・ウォークマンが30万円のNW-WM1Zの発売に至ったのは必然だったと言える。

ウォークマンのNW-WM1Z、NW-WM1Aで搭載するアンプは、ソニーが自社開発するフルデジタルアンプの最新世代「S-Master HX」。DSDフォーマットの音源のネイティブ再生、バランス出力対応といったオーディオファンに人気の新機能を搭載。

今回のNW-WM1Zの高価格の原因となっているのが「無酸素銅金メッキシャーシ」.

銅はノイズを防ぐ効果の高い素材といわれており、抵抗値を下げることで音質を高める目的で高級オーディオ製品の一部で使われている(一部でしか使われないのは、銅という素材そのものが鉄などと比べて高価なため)。

その銅のなかでも切削困難な無酸素銅(純度99.96%以上)を、約1.8kgのブロックから削りだし、基盤や液晶などの回路を加えて作られたのが、455gのNW-WM1Zだ。

しかもNW-WM1Zの銅の表面処理は、貴金属である金メッキ。

銅素材は酸化しやすいためメッキ処理を施すのが一般的だが、筐体内部はグラウンド(接地)としても用いられるため、電気の接触抵抗を下げると高音質化につながる。

2015年発売のNW-ZX2でも筐体の一部に金メッキした銅プレートを使っていたが、NW-WM1Zでは筐体全体が銅ということもあり、コストを惜しまず最も接触抵抗の低い金メッキが全体に採用された。

金メッキは音質向上のために施されているが、NW-WM1Zは先述の通り外装にも金メッキが用いられたために「黄金のウォークマン」となった。

ゴールドというカラーは金以外で出すのは難しいこともあり、ウォークマンを手がけるデザイナーとしても念願の素材だったという。

全文ソース→【日経トレンディネット】参照一部抜粋

どうしてゴールド以外の色がなかったのか・・・、こういう理由があったんですね♪
ちなみにパーツにも相当拘っているので、まさに「音」を追求してる人には、こういうウォークマンを待ってたんじゃないかと思います♪

発売は10月29日♪


nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

ソニーが【STAR WARS】ウォークマンモデルを販売へ! [ウォークマン]

世界的大人気映画・スター・ウォーズの最新作が大ヒット公開中ですが、ソニーから、映画「スター・ウォーズ」シリーズのキャラクターなどを刻印したハイレゾ対応製品「STAR WARS High-Resolution Collection」が発売中です。

WXウォークマン.jpg

ラインナップは、ハイレゾ対応ウォークマン「NW-ZX2」「NW-ZX100」「NW-Aシリーズ」の6モデルと、ステレオヘッドホン「h.ear on(MDR-100A)」「MDR-1A」の2モデル。

「NW-ZX2」は、本体前面に「STAR WARS」のロゴ、側面に作中のセリフ「MAY THE FORCE BE WITH YOU.」が刻印された数量限定モデル。容量は128GB、ボディカラーはブラック。エピソードI~VIのオリジナルサウンドトラックをハイレゾ音源で収録したアルバム「STAR WARS アルティメット・デジタル・コレクション」と、映画の中の音声・効果音のハイレゾ音源、オリジナル壁紙20枚がインストールされている。価格は14万9,880円(税別、以下同じ)。

「NW-ZX100」は、本体側面に「STAR WARS」のロゴと、「MAY THE FORCE BE WITH YOU.」または「COME TO THE DARK SIDE.」のセリフのうち好きな方を刻印できる。
さらにオリジナルサウンドトラックの中から1タイトル分のハイレゾ音源楽曲を選べる。
容量は128GB、ボディカラーはシルバー。価格は7万9,000円。

「NW-A」シリーズは、登場キャラクターや「反乱軍」「帝国軍」のシンボルなど15種類のデザインから選んで刻印可能。同じく1タイトル分のハイレゾ音源楽曲と、オリジナル壁紙1枚がプリインストールされる。価格は16GBモデルが3万円から。

全文ソース→【livedoor News】参照一部抜粋

STAR WARSの曲も選べて購入できる、まさにSTAR WARSファンのためのウォークマンかと思いますが、、、007モデルウォークマンもあっていいと思うんだけどなぁ^^;

人気がある映画なだけに売り切れる前にファンの方はチェックしてみてはどうでしょうか?


ソニーストアサイト→ http://www.sony.jp/walkman/store/special/zx-a-starwars/ 

SONY ウォークマン ZXシリーズ 128GB ハイレゾ音源対応 Android搭載 ブラック NW-ZX2-B

SONY ウォークマン ZXシリーズ 128GB ハイレゾ音源対応 Android搭載 ブラック NW-ZX2-B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | - ウォークマン ブログトップ