So-net無料ブログ作成
検索選択

「ソニーとは感動会社だ」。平井社長、営業利益5,000億円達成に自信! [ソニー]

ソニーは23日、経営方針説明会を開催。

平井一夫社長 兼 CEOは、中期経営計画で目標に掲げた、2017年度のグループ連結で株主資本利益率(ROE)10%以上、営業利益5,000億円以上の達成に自信を見せた。

「連結営業利益5,000億円は20年ぶりの高い利益水準で大きな挑戦だが、この5年間の取り組みで十分に狙える基盤は築けた。今年度は結果にこだわる重要な年になる(平井社長)」と語った。

平井社長は、社長就任から5年経ち、「新しいことに取り組む自信と、元気に満ちたソニーが戻ってきた実感がある。そのもっとも大きな要因は、長年苦戦が続いていたコンシューマエレクトロニクスの再生。『規模を追わず、違いを追う』という方針のもとで、安定的な収益貢献が行なえるようになった」と成果を強調。


長年に渡る赤字から、収益事業に変革した代表例として「テレビ」事業を説明。

今後のテレビ事業については、一部地域ではシェア拡大を目指す。

テレビ事業の“お手本”としたのが、デジタルイメージング事業。

3年前のPC事業の撤退については、「ソニーとしてテレビは違いで勝負できるが、PCは難しいと考えた。重い決断だったが、それが判断の理由」と説明。

エレクトロニクスの課題に挙げるのが、モバイル・コミュニケーション分野。

徹底的な構造改革や販売地域の絞り込みで、2016年度の黒字化を達成。
「商品力、オペレーション力は着実に向上。スマートフォンは、最もお客様との接点が多い『ラストワンインチ』商品。カメラを中心に、ソニーの最新技術の粋を集めて違いを出せると考えている。一方で、もっとも変化の大きな分野。IoTなどの新規領域の環境とあわせて、急速な変化に迅速に対応できるよう、事業運営していく」とする。

デバイス領域については、強みのある事業にフォーカス。カメラモジュールは、昨年度の構造改革で、熊本の外販向けカメラモジュールの開発・製造中止と、中国広州の生産工場を売却。主力のモバイル向けイメージセンサーは、昨年前半は供給が足りず、後半はハイエンド向けの販売が低迷し、業績が悪化した。この状況を受けて、中国系メーカーとの連携を強化し、業績を改善。さらに、モバイル市場においては、複眼化の加速やフロントカメラの高画質化、動画性能重視などがトレンドとなっており、「これらはまさにソニーが強みを発揮できる製品領域が拡大していることを示している。今期は大幅な収益改善を見込んでいる」とし、熊本地震からの復活をアピール。

音楽分野においては、アデルやビヨンセらのヒットで、収益貢献。
日本においては、アニメやライツビジネスの強化などを図っていく。
金融分野も顧客との接点を持つ「ラストワンインチ」の重要事業と位置付ける。

「喫緊の課題」と語るのが映画分野。
昨年度1,121億円の減損を計上し、中期経営計画の上でも未達となっている。
「ネットワーク配信時代に、魅力的なコンテンツの需要はかつてないほど高まっている」として、SPEのアンソニー・ヴィンシクエラ新CEOのもと、改革を進める。

2018年以降の持続的成長に向けては、
(1)コンシューマーに向き合い、お客様に感動をもたらす“ラストワンインチ”の存在「KANDO@ラストワンインチ」であり続ける、
(2)リカーリングビジネスモデルの強化、
(3)ソニーが持つ多様性と新しい事業への挑戦の3点を強調。

KANDO@ラストワンインチについては、Xperiaやα9、有機ELテレビのBRAVIA AE1などを挙げて説明。

グループ一体での取り組みとしては、VRを「新たな事業ドメインに育てる」とし、PlayStation VRだけでなく、SPEやSMEの制作事例を紹介。

2018年以降の新中期経営計画は、ソニーモバイルコミュニケーションズ代表取締役社長で、6月15日にCSO、中長期経営戦略、新規事業担当に就任予定の十時裕樹氏が中心となり策定する。

十時氏の起用について、平井氏は、「これまでの改革をリードし、新規事業を含めソニーモバイルと連携できる。エレキの経験があるし、ソニーバンクやSo-netなどエレキ以外のビジネス立ち上げにも携わってきた、多様化するソニーのなかで、いろいろな事業会社やエレキ以外との連携について、一番適任と考えている」とした。

平井社長は結果にこだわる姿勢を強調、「2017年度は着実に目標を達成する。達成後もソニーは高収益を持続できなければいけない。営業利益5,000億円は20年ぶりの水準だが、複数年にわたって継続できたことは、71年間のソニーグループの歴史で一度もない。ソニーグループ、各事業それぞれが、現状維持ではなく、新しい取り組みが不可欠。執行役9名がそれぞれの担当領域で、明確に経営責任を果たす体制ができ、SONY、ソニーの元で連携、協力する体制が整った。経営陣と全社員がOne Sonyで取り組んでいく」とアピール。

質疑応答で、「ソニーは何会社だと思いますか? 」と問われた平井社長は「一言でいえば、ソニーは感動会社。ソニーピクチャーズは映像コンテンツを通して感動を、ソニー生命は生命保険の新たな提供の仕組みで、エレクトロニクスはハードウェアを通じて感動をお届けする。感動をお届けするのが一番の上位概念にある」と答えた。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

自信に満ちた心強いコメントですね。
ソニー(グループ)好きになって、ソニーが開発・発売してる製品はソニー製品を購入してますが、ソニー製品を買い続けて良かったと実感。

ありがとうSONY


タグ:ソニー
nice!(20)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

ソニー好決算で「逆ソニーショック」は起きるか! [ソニー]

ソニーが2018年3月期の連結決算の純利益が前期比で3.5倍の2,550億円に達するとの見通しを発表。

収益予想を見る限りソニーの「収益力」は向上している。
その秘密は本業のエレクトロニクス事業への回帰。

ソニーがかつての強さを取り戻すことができれば、日本経済全体に希望を与えるだろう。

かつてソニーは、技術力とデザイン性の両方に強みを持ち、多くの斬新なヒット商品を生み出した。

新しい技術力用いた製品のコンセプトをまとめ、それを先進的なデザインと組み合わせることが、ソニーの強さであり、最も強い部分=コアコンピタンスだった。


だからこそ、ソニーは多くの人が「ほしい!」と思う商品を作り、需要を生み出すことができた。

高画質と平面な画面の両立に成功した“トリニトロン”テレビ、世界の若者の心を鷲掴みにした“ウォークマン”、ビデオカメラの小型化の口火を切った“ハンディカム”は、ソニーにしかできない、ソニーならではの製品だった。

ところが、1990年代半ば以降、ソニーはそのコアコンピタンスを見失ったように見えた。

韓国や台湾などの新興国メーカーの台頭に伴い競争が激化する中、ソニーは技術力を重視した経営から、映画やゲームなどのエンターテインメント、IT、金融などにまで事業の範囲を拡大。

ソニーはかつての米ゼネラル・エレクトリック(GE)社のような複合事業体=コングロマリットを目指すことで、収益源を分散・強化しようとした。

この戦略は想定通りの成果を上げることはできなかった。
2000年代前半、米国のITバブルに支えられて一時的に業績は回復したが、それも続かず業績が悪化し、2003年4月には株式市場にショックが走った。いわゆる“ソニーショック”。

03年3月期決算の内容が従来の予想を大幅に下回ったことが投資家を失望。

一時、ソニーの株は売買が成立しないほどに売られただけでなく、株式市場では、パナソニックやパイオニアなどの株も売られて、平均株価は20年ぶりに7700円を割りこんだ。

「ソニーがだめなら日本の企業全体がだめだ」と言わんばかりの悲観論が国内の株式市場全体を覆った。

その後もソニーの経営は低迷し、“アイボ”など今日のロボット技術の先駆けというべき事業もリストラに。
アナリストからは「もはやソニーの復活は困難か」との悲観的な見方が示された時期もあったほど。

12年4月に、ハワード・ストリンガー氏からCEOを引き継いだ平井一夫氏は事業の選択と集中に舵を切った。”VAIO”の名で知られたパソコン事業や不動産の売却などのリストラを進めた。

リストラによって確保された経営資源を“本業”のエレクトロニクス事業に投入。
その結果、半導体事業は収益の柱に成長。
特に、スマートフォン向けのカメラ用画像センサー(CMOSセンサー)は、アップルのiPhoneに採用されたこともあり、世界でトップのシェアを誇る事業に成長。

この結果、2017年1-3月期の決算では半導体やテレビ、ゲーム等の6分野から成るエレクトロニクス事業の営業利益が、19年ぶりに黒字化。

今後も、スマートフォンの高機能化や自動車向のアクティブセーフティ技術の向上などに支えられ、半導体の需要は堅調に推移するだろう。
2017年度、ソニーが計画通りに5000億円の営業利益を達成する可能性は相応にありそう。

かつて世界のトップに立っていた日本の電機業界は、ソニーの凋落などもあり急速に世界市場での地位が低下。
例えば、シャープは自力での再建をあきらめて台湾のホンファイの傘下に入り、ホンファイ流の経営によって立ち直りつつある。

東芝は海外での買収に起因する巨額損失から好調な半導体事業を切り売りせざるを得ない状況に陥った。いまに至った理由はいずれも経営の失敗であることは明らか。

そう考えると、ソニーが復活し更なる成長を遂げることの意味はすこぶる大きい。

過去の経営の失敗を自力で克服したことになるからだ。
日本全体をショックに陥れたソニーが、再び産業界の希望の星になるといってもいいような展開。

ソニーがかつての強さを取り戻すことができれば、日本の産業界や金融市場には“逆ソニーショック”というべき前向きな見方、期待が広がる可能性がある。

昨年、ソニーはロボット事業に再参入した。2017年4月の決算説明会では、「本業はエレクトロニクスである」という経営陣の認識がはっきりと示された。

この方針が徹底されれば、“ウォークマン”のように人々の心に驚きと興奮を与えるモノを、ソニーが創り出すことは可能だろう。

コングロマリットを目指すのではなく、新しい技術を使って、人々をワクワクさせる、より良いモノを創るということ。それが、他の企業の経営、日本経済全体にもポジティブな影響を与えるだろう。

全文ソース→【DIAMOND Online】参照一部抜粋

アンチソニーも多いですが、やっぱりソニーって日本代表する企業で、何かを引きつけるものがあるんでしょうね。

ゲーム部門、金融部門に支えられてた時期もありましたが、今回は本業のエレクトロニクスで業績をあげたのが良い♪

何度もいうようですが、本業のエレクトロニクスが元気じゃないと♪

このまま、本業のエレクトロニクスの好調を維持して、ソニー製品らしい物を開発・発売してワクワクしたいです♪



タグ:ソニー
nice!(21)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

巨大な筒の中で跳ね回るピンポン! ソニー新スピーカー発売記念で「低音卓球」! [ソニー]

ソニーから登場した、重低音とライティングで音楽を盛り上げる「EXTRA BASS」シリーズの新ワイヤレススピーカー「SRS-XB40/30/20/10」。

発売を記念し、重低音と卓球を連携させた「低音卓球」が、5月16日~21日の期間限定で、東京・渋谷のEST渋谷東口会館9階・渋谷卓球倶楽部で実施。

泡にまみれて踊る音楽イベント「泡パ」や大量のスモーク演出の中で音楽を楽しむ「スモーキーディスコ」など、“非日常をつくる”をコンセプトに様々なイベントやプロジェクトを手がけるパーティークリエイター・アフロマンスとソニーが初めてタッグを組んだイベント。

ワイヤレススピーカー「SRS-XB40」の特徴である、重低音を轟かせるウーファをイメージした2つの筒状の“卓球台を開発。
普通の卓球は、平面の卓球台で行なうが、筒状であるため、ピンポン玉が左右や上下の壁にも反射。360度にバウンドする、予測不可能な“三次元ピンポン”が楽しめるようになっている。




低音卓球の設備は5月16日~21日の期間限定で渋谷卓球倶楽部に設置され、渋谷卓球倶楽部の利用者であれば、卓球台の1つとして利用できるようになっている。


軽食やお酒を楽しみながら、卓球もプレイできるというスポット。料金は卓球台1台、30分あたり、月~金の10時~19時であれば600円、19時~LASTまでは900円。土・日・祝日は全時間900円。シューズの無料貸出も行なっている。


全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

これは、ラリー続けるのも難しそうだけど、逆にそれが楽しいかもしれないですね♪

卓球選手の人でも、長時間ラリー続けるのは難しいかも?^^;

卓球台と言えば、リオ五輪で使われてた卓球台のデザインはソニー出身のデザイナー・澄川伸一さんがデザインを担当してて、卓球台のカッコよさも話題になりました♪






nice!(22)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

ソニーも協力!舞台『キャプテン翼』大空翼役は元木聖也! [ソニー]

日本のサッカー人気のキッカケになった漫画・キャプテン翼が舞台になる事が先日発表されてましがた、8日にキャストも発表。

主人公・大空翼を演じる元木聖也をはじめ、若林源三役の中村龍介、日向小次郎役の松井勇。

第一弾キャストはそのほか、岬太郎役の鐘ヶ江洸、三杉淳役の鷲尾修斗、松山光役の反橋宗一郎、早田誠役の土井一海、新田瞬役の加藤真央、次藤洋役の皇希。

舞台にはソニーが技術協賛し、研究開発を進めている体感技術「ハプティクス技術」を導入。
五感の1つである触覚を刺激することで、ものに触れたような感触など、さまざまな感触を擬似的に再現。

87席の「プレミアム体感シート」の観客は、計10個の振動デバイスを内蔵したハプティックウェアを装着することで、シュートを受けた衝撃、キックの感触などをリアルに体感できる。 

           



全文ソース→【ORICON NEWS】参照一部抜粋

キャプテン翼といったら何と言っても各キャラクターの必殺シュートですが、それを舞台でどこまで実現できるか見てみたいですね^^;

コンサート会場といい、舞台といい、ソニーの技術が広まっていってるのも嬉しいです♪


nice!(21)  コメント(7) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1」。画面が鳴るもう一つのフラッグシップ! [ソニー]

ソニーは有機ELテレビ「BRAVIA A1」を6月10日から発売。
65型の「KJ-65A1」と55型「KJ-55A1」を用意、価格はオープンプライス。

BRAVIAhatu.png


BRAVIA初の有機ELテレビで、有機ELの特性を生かした漆黒の表現やコントラスト感などの画質性能に加え、画面そのものが震え、“映像と融合した音”が楽しめる「アコースティックサーフェイス」を採用。スタンドと画面を組み合わせ、映像だけが浮かんで見えるデザインも特徴。

65/55型のいずれも3,840×2,160ドットの有機ELパネルと、HDR対応の高画質プロセッサ「X1 Extreme」を搭載。

自発光デバイスである有機ELパネルを活かし、Ultra HD Blu-rayなどのHDR高画質を引き出す。

有機EL向けに、暗部の階調表現などの処理を新たに導入。

広色域なトリルミナスディスプレイやデータベース超解像を行なう「4K X-Reality Pro」も搭載。

有機ELによる画質に加え、サウンドもA1の大きな特徴。

テレビの画面そのものを振動させる「アコースティックサーフェイス」を搭載。

画面を振動板として利用するもので、4基のアクチュエータと1基のサブウーファによる2.1ch構成を採用。

左右や上下のスピーカーではなく、「画面自体から音が出る」ため、自然なリップシンクやセリフの聞こえやすさを実現。「映像のリアリティを向上する」。

デジタルアンプのS-Masterやフロントサラウンド技術の「S-Force Surroud」により、広がりあるサウンドを実現。

AACなどの圧縮音源を補間して高音質化する「DSEE」も搭載。

EthernetとIEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetoothを備えており、映像配信サービスの視聴やスマートフォン連携(Video & TV SideView)が行なえる。

OSはAndroid TVで、映像/音楽配信サービスや写真やゲームアプリ、検索などに対応。Google Playからのアプリダウンロードや、Chromecast built-inによるスマートフォンからのコンテンツ出力操作に対応する。


Android TVは最新バージョン(Android TV 7.0)にアップデートされ、Android TV表示画面にテレビ放送等の小画面表示が行なえるようになったほか、タスク切換機能も追加。

テレビやHDMI入力などの画面を表示しながら、設定画面をオーバレイしてAndroid TVの設定が行なえる。

Netflixや、ひかりTV、Hulu、Amazonビデオ、dTV、YouTube、DAZN、スポナビライブ、AbemaTVなどの映像配信サービスに対応。
Google Play Movieにも対応し、リモコンに専用ボタンを備えている。

これまでのソニーAndroid TVでは、電源OFF時にリモコンの局ボタンを押しても、テレビは起動しなかったが、新BRAVIAでは見たい局のボタンを押すだけで、テレビが起動し、選局も行なう「チャンネルポン」に対応。

リモコンは音声操作対応で、録画番組検索やYouTubeの検索などが可能。

ソニー独自の音声解説技術により、音声予約や絞込み検索機能を新搭載し、時制(いつ)×キーワード(何を)×アクション(録画/再生)による、操作に対応。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

今年のCES 2017で話題になった世界初、テレビ画面から音がでるBRAVIAがついに来月発売♪

画面から音がでる・・・という点に注目してましたが、画質の向上はもちろん、沢山の機能が詰め込まれてますね^^;

今までの弱点も克服してるBRAVIA、発売日は6月10日♪








タグ:ソニー BRAVIA
nice!(23)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

ソニー副社長、営業益5000億円「ベストの目標で、結果を出す年」 [ソニー]

ソニーは28日、2018年3月期の連結営業利益(米国会計基準)が5000億円と前期比73%増えると発表。

過去最高だった98年3月期(5257億円)には届かないが、過去2番目に大きい利益水準。

スマートフォンのカメラ用画像センサーや家庭用ゲーム機を中心にエレクトロニクス事業がけん引する。

全文ソース→【日本経済新聞】参照一部抜粋

過去最高の利益なるか注目されてましが、惜しくも届きませんでした・・・が、過去2番目の利益ということだけでも、ソニーが復活傾向していってるのが分かります。

映画事業がちょっとあれですが、改善傾向にあるみたいなので スパイダーマンがキーポイントになるかもしれないですね^^;



タグ:ソニー
nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

ソニー営業益、最高に迫る 18年3月期8割増の5000億円! [ソニー]

ソニーの業績が伸びている。

2018年3月期は、本業のもうけを示す連結営業利益(米国会計基準)が5000億円程度と前期推定比で約8割増えそう。

スマートフォン(スマホ)のカメラに使うCMOSセンサーなどエレクトロニクス事業の利益拡大がけん引し、過去最高を記録した1998年3月期(5257億円)に迫る。

全文ソース→【日本経済新聞】参照ほぼ引用

本業のエレクトロニクス部門中心に けん引してるのが嬉しいですね♪
イメージセンサーが凄い!

シャープの事があって今は東芝さんが色々ありますが・・・

日本企業家電メーカーとして、ソニーは復活に向かってます。


ソニーの決算日は4月28日を予定していますが、過去最高更新なるか・・・なって欲しいなぁ^^;

そして、ウォークマン等に続く大ヒット製品も親から開発・発売して欲しいです♪



タグ:ソニー
nice!(18)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、「α9」発売 初のセンサーで毎秒20コマ連写! [ソニー]

ソニーは、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α9」を5月26日に発売すると発表。

世界初のメモリ内蔵フルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを搭載し、ブラックアウトなしで毎秒20枚の連写が可能な「新次元の高速性能」を実現。

ソニーa9.jpg

オープン価格で、実売予想価格は50万円前後。

「Eマウント」を採用するミラーレス一眼カメラ。オートフォーカス(AF)と自動露出(AE)が追従しながら最高20コマ/秒のブラックアウトなし連続撮影を実現。

693点の全面位相差センサー、無音・無振動のサイレント撮影機能、5軸のボディ内手ブレ補正機構、デュアルメモリーカードスロット、有線LAN端子などを搭載。

目玉となる有効約2420万画素の35ミリフルサイズセンサーは、積層化による回路部の拡張とメモリの内蔵により、センサー内の読み出し速度を従来機比520倍以上に高速化。画像処理エンジンとの組み合わせにより、高速な画像処理を可能。

さらに、無音・無振動で最高1/32000秒という電子式アンチディストーションシャッターを、ミラーレス構造のボディーに搭載することで、ミラーとシャッターを駆動した際に起こる光の遮断がない。
このため、センサーには常に光が届くことになり、「従来の一眼レフカメラの性能を上回るこれまでにない高速性能を発揮する」という。

全文ソース→【IT media ビジネスONLINE】 参照ほぼ引用



価格は約50万円ですが、他の企業では70万円超えるものもあるので、それらと比べると約20万ほど安い価格設定におさえられてます♪

新次元の連射速度とか、ただただ凄いとしか^^;

ソニーストアでの先行予約は27日から♪

タグ:ソニー a9
nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

BRAVIAにアプリ追加でクラウドゲーム「Gクラスタ」がプレイ可能に。「FF XIII」も用意! [ソニー]

ブロードメディアGCは、ソニーのAndroid TV機能搭載BRAVIA向けに、クラウドゲームサービス「Gクラスタ」が利用できるアプリの提供を開始。
アプリは無料でダウンロードできるが、アプリ内のゲーム購入は別料金。
スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XIII」クラウドゲームアプリも、BRAVIA向けに配信開始。価格は2,000円(税込)。

「Gクラスタ」は、ゲームの処理をクラウド上で処理し、ゲームの画面を映像としてテレビなどにストリーミングで配信。別途ゲーム機を用意しなくても、テレビ側は映像のデコード処理ができれば、リッチなゲームがプレイできるのが特徴。

従来は専用のゲーム機「G-cluster」を購入し、テレビと接続する必要があったが、新たに公開されたアプリをインストールするだけでGクラスタのゲームが遊べるように。

対応するBRAVIAは、2015年より発売されているAndroid TV機能を搭載したモデル。

4月時点での対応機種は、2016年発売Z9D/X9350D/X9300D/X8500D/X8300D/X7000Dシリーズ、2015年発売のX9400C/X9300C/X9000C/X8500C/X8000C/W870Cシリーズ。ホームメニューの「おすすめアプリ」にある「Sony Select」からアプリをインストールすると、次回からホームメニューに表示されるようになる。

いくつかのゲームはテレビのリモコンでも遊べるが、スマホ・タブレットをコントローラーとして利用することも可能。その際は無料アプリ「G-clusterリモート」を利用する。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

BRAVIAでも簡単なゲームは遊べるようになってるとは知ってましたが、ファイナルファンタジークラスのゲームも、BRAVIA単体でプレイできるようになってるんですね^^;

まだ、うちにあるBRAVIAはAndroid TVを搭載されてないので、今度買い換える時にはAndroid TV搭載のBRAVIAも候補に入れとこうかなぁw

テレビは観るだけでいいと思ってたましたが、これからはテレビでも色々出来るようになるかもしれないですね♪

ソニー SONY 49V型 4Kテレビ ブラビア  KJ-49X8300D

ソニー SONY 49V型 4Kテレビ ブラビア  KJ-49X8300D

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

So-net、nuroモバイルが「VAIO Phone A」を取り扱い チャージ料金なども改定♪ [ソニー]

ソニーネットワークコミュニケーションズは、MVNOサービス「nuroモバイル」でVAIO製Androidスマートフォン「VAIO Phone A」の取り扱いを開始。

価格は月額1000円×24回の2万4000円(税別)。

VAIOA.jpg


VAIO Phone Aはボディにアルミニウムと強化ガラスを採用し、美しさと堅牢性を両立。

デュアルSIM・デュアルスタンバイにも対応。
専任の技術者が品質をチェックした上で製品化する「安曇野FINISH」による品質も確保している。

nuroモバイルのサービス内容を一部改訂。

100MB:500円→400円
500MB:2100円→600円
1GB:3800円→1000円

「0 SIMプラン」の音声+データSIMにおける番号ポータビリティ(MNP)の転出手数料を7000円から2000円、1年以内に解約した場合の違約金を5200円から5000円に引き下げ。

全文ソース→【IT media】参照ほぼ転載

ついにSo-netでもVAIO Phone Aを追加販売♪
同時に、So-netのMVNO【nuroモバイル】の料金も値下げされて、ますます安くなってます♪

Xperia ZシリーズやXZシリーズと比べると、ハイスペックモデルじゃないのでVAIO Phone Aはどうしても、Xperiaに劣りますが、約2万4000円という価格を見ると 十分すぎるスマホです♪

興味ある方はチェックしてみては^^

http://mobile.nuro.jp/


nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース