So-net無料ブログ作成

Google、AIによる予約電話代行への批判に「AIだと名乗らせる」と説明! [企業]

GoogleがGoogle I/O 2018で次期OS Android P、主にAIの技術を発表しましたが、あるAIの技術に関して批判がでたようです。

記事内容によると

AIアシスタント「Googleアシスタント」がユーザーに代わって電話し、先方の人間と会話して予約などを実行する機能が物議を醸している。

この機能は、新しいAIシステム「Google Duplex」によるもので、まだ開発段階だとして紹介。

基調講演では、美容院の予約とレストランの予約の2つのデモが披露されたが、いずれも人間と区別のつかない自然な会話になっており、会場からは驚きの声が上がった。

これについて、ノースカロライナ大学准教授でIT企業に批判的なツイートで知られるゼイネプ・ツーフェクシ氏は、Googleアシスタントは人間のふりをして電話をしただけでなく、相手をだますために「ふーむ」とか「ああ」とまで言ったとして「シリコンバレーの倫理は失われ、制御不能だ」とツイート。

他にも、相手にAIだとわからないように会話するbotを開発すれば、詐欺などに悪用できるという批判もある。

これを受けてGoogleはThe Vergeなど複数のメディアに対し、「Google Duplexについての論争の価値をわれわれは理解している。常に説明しているように、テクノロジーの透明性は重要だと認識している。この機能は開示するよう設計されており、AIだと正しく特定できるようになる。I/Oで見せたのは初期段階のデモであり、フィードバックを受けて改善していく」と語った。




全文ソース→【AI+IT media by NEWS】参照一部抜粋引用

動画(3分25秒くらい)でAIと人間が電話で話してるデモがありますが、確かにこれはAIと話してる感じはなく人間同士が話してる感じです^^;

全く違和感ないです。

GoogleはAIだと分かるようにするとコメントしてますが、凄まじいAIの進化にちょっと怖い気もしますね^^;


タグ:Google AI
nice!(27)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

Xperia XZ2もβに!Android Pは10周年に登場する意欲的アップデート! [企業]

Googleの次期 OS Android P(9.0)の主な機能が発表され、β版となる端末も公開されました。

これまでのAndroid OSが新しくなるたびに進化してきましたが、次期 Android OSはAI技術を中心のOSで格段にユーザーにとって使いやすくなりそうです。

記事内容によると

米Googleが開発者カンファレンスGoogle I/O 2018 において、Androidの次期メジャーバージョン「Android P」の新しいインターフェイスやナビゲーション、新機能を説明。

今年は初のAndroidスマートフォン「T-Mobile G1」が登場してから10年の節目の年。

スマートフォン以前の携帯電話に対するスマートフォンの大きな特徴の一つとして、マルチタッチによる直感的な操作が挙げられる。Android Pでは、その特徴をより活かせる新しいシステムナビゲーションを導入、ジェスチャーを使って効率的にホーム画面を操作できるようにした。

それに伴って、Androidの象徴的なユーザーインターフェイスだった3ボタン (戻るボタン、ホームボタン、マルチタスクボタン)が廃され、ホームボタン1つにまとめられた。

戻るボタンは完全に廃止ではなく、オーバービューやアプリの画面でホームボタンの横に現れる。

ここ数年Googleはスマートフォンの使用体験へのAIの活用を推進しているが、Android Pでは同じAlphabet傘下であるDeepMindとのパートナーシップで開発した「Adaptive Battery」と「Adaptive Brightness」を実装する。

ユーザーがよく使用するアプリやサービスを見極め、それらを快適に使用しながら全体の電力消費を抑えるように最適化する。

GoogleはGoogle I/Oのキーノートで「Android P Beta」の提供開始を発表。

Developer Preview 1ではサポート端末がPixelシリーズとPixel 2シリーズだけだったが、Essential Phone、Nokia 7 plus、Oppo R15 Pro、Sony Xperia XZ2、Vivo X21UD、Vivo X21、Xiaomi Mi Mix 2Sが追加。



詳細機能全文ソース→【マイナビニュース】参照一部抜粋引用


詳細な機能は記事に詳しく載ってるんですが、AIに注力してるのが分かる OSでどんどん 身近にAIが近づいてきますね^^;

今年の秋頃に配信が始まるそうなので、後は現時点で発売されてるスマホ(Xperia)で どのくらい対応するかですね・・・



タグ:Google Android P
nice!(24)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

ドコモ 2018夏モデル・新サービス5月16日発表! [企業]

ドコモの2018夏モデルの発表日が正式に発表されました♪

記事内容によると

5月16日に発表会を開催し、夏モデルや新サービスを発表することを予告。

全文ソース→【ケータイWatch】参照

ドコモからは3機種のXperiaが発表されると思いますが、3機種とも例年の夏モデル発売されてるXperiaに比べると早いかもしれません。

3機種とも共通してるのは背面デザインがカーブ状になっていて賛否両論あるだけに 写真(画像)で見るのと、実際に見て触ってみないと分からないので、予約前にはモック等が店頭に置かれると思うのでモックでも良いので早めに確認したいと思ってます^^

ドコモ 2018夏モデル・新サービスカウントダウン https://www.nttdocomo.co.jp/product/promotion/18_docomo_collection/



nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

ドコモ Xperia XZ Premium等を安くゲットできるチャンスは5月7日まで! [企業]

今年のGWも明日で終わりますが、GWが明けたらドコモの2018夏モデルのスマホが早くて今週発表されるんじゃないかという情報もありますが、新モデル発表間近とあってかドコモではXperia XZ Premium等が安くゲットできる期間が5月7日で終了されます。

記事内容によると

「2017年夏モデル」のうちの5機種および「らくらくホン F-02J」について全オーダーで長期契約による本体代からの直接割引となる「端末購入サポート」で一括化して販売しています。

5月8日からは上記機種・条件では割引施策が「月々サポート」に戻るので5月に入って月が変わりましたので、今月が更新月で少しでも安くこれらの機種を購入したいという場合には早めにこのに購入すると良さそうです。

対象機種の価格全文ソース→【S-MAX】参照一部抜粋引用

どのくらい安いかXperia XZPを例に例えると93,960円(分割3,915円/月×24回)、端末購入サポート割引額(括弧内は解除料)で-54,432円(27,216円)、支払額(括弧内は分割)39,528円(分割1,647円/月×24回)となっていて、新規購入やMNPでの購入すると この価格より安く買えます。

Xperia XZ Premium以外もあるので、スマホを新しく購入する人や機種変更を検討してる方は今がチャンスです♪






nice!(21)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

Gmail大幅アップデートで新機能追加! [企業]

パソコンやスマホを使ってる人はGmailを利用してる人もいると思いますが、先日デスクトップでのGmailがアップデートされ更に使いやすく出来るようになりました。

記事内容によると


送信相手が転送できないようにするなどのセキュリティ関連機能や、同社のもう1つのメールサービス「Inbox」で提供してきたAIによるフィルタリング機能、Googleの他のアプリと連携するパネルなどが追加。


一般ユーザーは、Webアプリの設定アイコン(画面右上の歯車のアイコン)→「新しいGmailをお試しください」をクリックすればすぐに新しいGmailを使える。

ユーザーインタフェースの大きな更新は、画面右に追加されたサイドパネルだ。このパネルには、初期設定で「Googleカレンダー」「Google Keep」「Google Tasks(日本では「Google ToDoリスト)」のアイコンがあり、それぞれをクリックするとGmail内に留まったままサイドパネルに各アプリが表示される。

例えばミーティングについてのメールを開いたままGoogleカレンダーにスケジュールを確認・入力したり、Keepのメモをメールにコピー&ペーストしたりすることができる(ドラッグ&ドロップはできない)。


メール一覧で任意のメッセージにカーソルを合わせると右端に4つのアイコンが表示される。左から、「アーカイブ」「削除」「既読にする」「スヌーズ」で、例えば後で読みたいメールはスヌーズにすれば再通知のタイミングを設定してスヌーズできる。


表示間隔を「デフォルト」にしていれば、リスト状態で添付ファイルのアイコンが表示され、これをクリックすることでメッセージを開かずに添付ファイルだけを表示できる。

AI採用の新機能「Nudging」(肘でつつく、という意味)は、Gmailがユーザーにとって重要だと判断したメッセージについて、一定期間ユーザーがレスポンスしないと例えば「3日前に受信しました。返信しますか?」とか「5日前に送信しました。
フォローアップしますか?」などと表示する。

全文ソース→【AI+IT media NEWS】参照一部抜粋引用

試してみましたが、使いやすくなっててカレンダーとかも表示されるので予定とかも分かりやすくなったのは良いです。

既に新しいGmailを試した人もいると思いますが、試してない方は新しくなったGmailを試してみてはどうでしょう^^

因みに まえの感じが良かったと思ったら設定アイコン(歯車)をクリックすると前のGmailに戻すこともできます。


タグ:Google Gmail
nice!(24)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

ドコモ段階制の料金プランを導入!auピタットプランとの違いは? [企業]

はやいもので もう5月。

5月といえば、ドコモの2018夏モデルの発表があるとも言われてます。

そして、新しい料金プランが始まります。

どんな料金プランかというと、既にauでは始まってるauピタットプランみたいな感じで段階性の料金プランに!

記事内容によると

NTTドコモは、使ったデータ量に応じて4段階に料金が変動する「ベーシックパック」と「ベーシックシェアパック」の2つを、5月25日から導入。

合わせて、これまではシェアパックに限定されていた基本使用料が月額980円(税別、以下同)の「シンプルプラン」を、全データパックに拡大。

ベーシックパックは月額2480円から、ベーシックシェアパックは家族3人の場合で月額1980円(ともに「docomo with」や「ずっとドコモ割プラス」を適用の場合)からに料金を改定。

既存ユーザーはそのまま従来のデータパックを利用できるが、ベーシックパックやベーシックシェアパックは、2GBをちょうど使い切っていたようなケースを除けば、ユーザー側が“損”をしないよう設計。

シンプルプランが組み合わせられることもあり、事実上の値下げといえる。
対象となるユーザーは、変更を検討してもよさそう。

容量から中容量のデータパックの置き換えとなるベーシックパックとベーシックシェアパックには、使った分だけ料金を払う段階制が採用。

ベーシックパックは、1GBまで2900円で、3GBに達すると4000円に、5GBになると5000円に上がり、以降、20GBまでは7000円で利用できる。

2018年5月から始まる、契約年数やためたdポイントに応じてステージと割引額が決まるずっとドコモ割プラスや、ドコモ光とのセット割引も対象。

2480円、1980円という数字は、docomo withの1500割引を適用し、ずっとドコモ割プラスがプラチナステージになっている前提だが、月々サポートがより大きな端末を購入していれば、料金はさらに安くなる。端末購入補助が付かない、いわゆる分離プランではないため、分離プランの変形型であるdocomo withとも両立する。

同じ段階制プランでも、auのピタットプランとはここが大きく異なる。

auの場合は、ピタットプランやフラットプランを選択すると、これまで適用されていた毎月割が付かなくなる。

そのため、一見すると料金そのものはauの方が安く見えるが、端末代が加わると、ドコモと大きな差がなくなってくる。

今までの仕組みと段階制を両立させたという点では、ドコモの方が分かりやすさを重視したといえる。

全文ソース→【IT media Mobile】参照一部抜粋引用
ユーザーにとって料金が安くなるのは嬉しいですね♪
月にどのくらいデータ量を使ってるか確認して、対象になる人は変更した方がお得かもしれないです^^


タグ:docomo ドコモ
nice!(26)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

発売中のXperia対象は??Android次期バージョン名は「Popsicles」? [企業]

Xperiaをはじめ国内でもアップデートが始まってきているGoogleのOS Android 8.0 Oreoですが、今度のAndroid OSの名称のスイーツは何になるのか・・・

記事内容によると

Androidの次期バージョン「Android P」の正式名称が「Popsicles(ポプシクル)」であることを、Googleが公開した壁紙のデザインが示唆していると米メディア9to5Googleが指摘。

Googleは「Android P」の開発者向けプレビューを3月に公開していますが、正式名称は明かされていません。
 
Androidシリーズのバージョン名称はアルファベット順に進化しており、頭文字を持つスイーツの名前が用いられています。

9to5Googleは、「P」で始まるAndroid次期バージョンの名称について読者投票を行っており、「パンケーキ」「パイ」「ペパーミント」「プリン」などが候補に挙げられています。

全文ソース→【iPhone Mania】参照一部抜粋引用

ポプシクルって何のスイーツなのか知りませんでした(苦笑)
アイスキャンディの事なんですが^^;

Pで始まるスイーツの候補が色々あるみたいですが、壁紙のデザインがアイスキャンディで そのままいくと次期 OSはポプシクルになると思いますが、読者投票もおこなってるみたいなので意表をつくようなスイーツ名になるかもしれないですね♪

そして、Xperiaでは どの機種が対応、アップデートされるのか・・・古い機種はアップデート対象にならないなだけに その点も注目です♪

タグ:Google Android
nice!(22)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

ドコモ マンホール型基地局を開発!高速通信PREMIUM 4G今夏に下り最大988Mbps導入! [企業]

先日、総務省が指定した計測アプリでドコモが速いという結果更新しましたが、ドコモの回線が早ければ今夏以降に更に速くなる事に!

しかもマンホールを回線の基地局にするという開発をしている事が発表されました。

記事内容によると

NTTドコモは、観光地や景勝地などの周辺にアンテナ設置に適するような場所がなく、人の集まる場所における通信速度の低下への対策やより繋がりやすいサービスエリア構築を目的とした「マンホール型基地局」の試作機を国内で初めて開発したと発表。

マンホール型基地局の試作機を用いて2018年3月6日より北海道札幌市にて実証実験を開始し、主に積雪環境が運用に与える影響を検証しており、今後、高温環境やトラフィック負荷が運用に与える影響の検証も予定し、2018年度末の完了を予定。

さらに、今夏をめどにLTE-Advancedによる高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」において下り最大988Mbpsおよび上り最大75Mbps(ともに理論値)に向上することを明らかに。

最大速度は5月中旬〜下旬に発表されると見られる「2018年夏モデル」の一部機種で対応する予定で、2018年度以降に理論値で下り最大1Gbpsおよび上り最大100Mbps以上にする計画。

全文ソース→【S-MAX】参照一部抜粋引用

マンホールを基地局にするとは面白いというか、マンホールだと全国どこにでもあるので課題を解決して進んでいけば回線の安定とかにもなりそうですよね。


そして 最大988Mbpsという更に回線速度アップ・・・2018年夏モデルの一部端末から対応するとのことなので Xperia XZ2等も対応するかもしれないですね。



タグ:ドコモ
nice!(22)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

Xperiaは3機種?ドコモ 2018夏モデルリーク! [企業]

毎年、ドコモの夏モデル発表は5月頃ですが、今年の夏モデルに発表されるリーク情報が・・・

記事内容によると

海外サイトJ-Phone.ruは、ドコモの2018年夏モデルの一覧をリーク。


Fujitsu F-04K
Huawei P20 Pro HW-01K
LG G7 ThinQ L-02K
Samsung Galaxy S9 SC-02K
Samsung Galaxy S9+ SC-03K
Sharp AQUOS R SH-03K
Sony XPERIA XZ2 SO-03K
Sony XPERIA XZ2 Compact SO-04K
Sony XPERIA XZ2 Premium SO-05K

J-Phone.ruは推測として、SO-05KをXperia XZ2 PremiumまたはXperia XZ2 Tabletの可能性があるとしています。

全文ソース→【すまほん!!】参照一部抜粋引用

Xperia XZ2とXZ2Cは これまでドコモからコンパクトモデルも発売されてるので、今回も発売されると思いますが、注目は第3のXperia SO-05Kの存在です。

これまでもXperiaが発売される前は色んな情報(噂)が出てましたが、今回の第3のXperiaに関しては今までのXperia以上に情報が錯綜してるんじゃないかと思うくらい出てます^^;

Xperiaの最新モデルは大注目してますが、大大注目してるのが Tablet市場に再参入するか・・・
公式発表じゃないので分かりませんが、期待を込めてXperiaのTablet 発表して欲しい♪


タグ:ドコモ
nice!(22)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

auユーザー注意!テザリング不要なユーザーは本日20時迄に解約を忘れずに! [企業]

auのテザリング料金が明日から有料になると発表されてネット上などでは不満続出してるそうですが、テザリング不要な人は今日中に解約を忘れないよう注意が必要です。

記事内容によると

auの一部プランで、2018年4月1日から「テザリングオプション」が月額500円(税別)の有料となる。

対象は20GB~30GBの「スーパーデジラ」と「auピタットプラン」「auフラットプラン」。

注意したいのは、「上記プランでテザリングを利用しているけど、有料になるなら使いたくない」という人は、自ら解約しないといけないこと。

キャンペーンが終了するからといって、テザリングが自動で解約されるわけではなく、何もしないと適用され続けてしまう。

20時以降に手続きした場合、翌日からの廃止になる可能性があるため、遅くとも3月31日19時台には解約の手続きをしておこう。

全文ソース→【IT media Mobile】参照一部抜粋引用

auユーザーの方は注意を!
因みにソフトバンクは5月31日まで無料で、ドコモに関しては無料期間が続いてます。

が、ドコモもいつ有料化するか分からないですね^^;

3キャリアの見解についてくわしくは http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1803/17/news016.html

nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース