So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ
前の10件 | -

Xperia Mirai ?ソニー、MWC 2018にて「オムニバランスデザイン」から脱却か!? [XPERIA]

Xperia Xシリーズは今秋頃にXperia XZ1、Xperia XZ1 Compactで最後になるかもしれないという情報がありましたが、その可能性が高くなってきました。

記事内容によると

Phone Arenaは、MWC 2018において、ソニーがまったく新しいデザインコンセプトを採用した新型スマートフォンを発表する見込みと伝えています。

2013年に発表された初代「Xperia Z」に初めて導入されて以来、最新モデル「Xperia XZ1」に至るまでおよそ丸4年半以上もの間、Xperiaシリーズは「オムニバランスデザイン」と呼ばれるデザインコンセプトに則って進化。

Xperia 2018.jpg

今回、Phone Arenaが伝えるところによると、ソニーはついにオムニバランスデザインから脱却し、Mirai(未来)と銘打った新たなデザインコンセプトを採用することを決定。

さらに、このMiraiデザインを採用した新型スマートフォンを、来年2月下旬から3月初旬にかけて開催予定のMWC 2018にて発表する見込みとのこと。

改良を重ねながらではあるものの、既にデザインが大きく変わり映えしないまま5年近く経過していることを考えるに、もはやいつXperiaシリーズのデザインコンセプトが刷新されてもおかしくはないのかもしれません。

全文ソース→【GGSOKU ガジェット速報】参照一部抜粋引用

ソニーの製品といえばデザインも評判が良いですが、来年のXperiaはデザイン面でも今の変わる可能性が出てきました。

来年発売されるスマホはXperiaに限らず、どこのメーカーもベゼル幅を狭くしたデザインやベゼルレス主流になるかもしれないですね。 

とりあえず今はXperia XZ1とXperia XZ1 Compactが国内で正式アナウスされるのが待ち遠しいです^^:




nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:ニュース

おめでとう!広島2度目の連覇でV8! [スポーツ]

やりましたーっ!

3日間、足踏みしてましたが広島東洋カープが3対2で阪神タイガースに勝って昨年に引き続きリーグ優勝♪

33年ぶりの日本一を目指す広島は、日本シリーズ出場権を懸け、10月18日から本拠地・マツダスタジアムでCSファイナルSで同第1Sの勝者と対戦する。

全文ソース→【デイリースポーツ】参照一部抜粋

自分の予想では、このままの順位で阪神、巨人だと思うのでクライマックスシリーズでは阪神と巨人が激突して、阪神が勝ち上がって、再び阪神と日本シリーズをかけて試合するんじゃないかと思ってますが、、、この勢いをクライマックスシリーズ、日本シリーズと持っていけたらいいなと思ってます♪

今年こそは!


簡潔すぎてスミマセン^^;


nice!(24)  コメント(7) 
共通テーマ:ニュース

ソニーの30万円超イヤホン、音楽愛好家に好評 生産追いつかず納品半年待ち [ソニー]

親会社ソニーから発売されてる約30万の高級ヘッドホンの売れ行きが好調で生産が追いつかないそうです・・・

記事内容によると

技術者が自ら接客し、一人一人の耳に合わせて作る異例の手法で、高音質や聴き心地にこだわる客の心をつかんだ。「ニッチ製品」の下馬評を覆し、新たな市場を創出。


このイヤホンは「ジャストイヤー」で、音響設計が専門の松尾伴大氏が考案。

「好きな歌手は? よく聴く端末は?」。
白衣姿で顧客に問いかけ、最も心地良い音の調和を見つける。
技術者というより心理カウンセラーのよう。

宇多田ヒカルさんのファンなら「高音域を重視しましょうか」といった具合に提案。

魅力である、ささやくような歌声が引き立つからだという。パソコンで模擬的に音質を調整した上で、部品の配置を微妙に換えるなど設計の技を駆使して仕上げていく。

耳型から作るのも特長。装着感が良く長時間使用しても疲れにくい。

音響チェックに使うイヤーモニターの製作に携わった経験も豊富でプロの音楽家から一目置かれる存在という。

生産が追い付かず納品まで5、6カ月待ちの状態という。

全文ソース→【SankeiBiz】参照一部抜粋

このイヤホン、ソニーストア(WEB)でも紹介されてるんですが、価格みた時は驚きました(苦笑)
音質はもちろん、アーティストの声質は異なるので、よく聴くアーティストに合わせてチューニングというか、制作されたり、耳の型をとってフィットすると、自分専用の為の世界に1つだけのイヤホンなのがヒットの要因みたいですね♪

耳の型をとったりしないといけないのでソニーストアショップに行かないと購入はできません^^;
試聴は体験できるそうです♪
詳しくは→ https://www.sony.co.jp/Products/justear/


nice!(22)  コメント(7) 
共通テーマ:ニュース

あるようでなかった?ソニー、新感覚の震える “肩乗せ”ワイヤレススピーカー「SRS-WS1」発表! [ソニー]

ソニーから面白い製品が発表されました♪
今までありそうでなかった製品です^^;

記事内容によると

ソニーは、肩に乗せて使う ウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」を10月14日に発売。
価格は25,000円前後での販売が予想。

人間の肩に乗せ、スピーカー上部から音が広がるスピーカー。
「音に包まれるような体験が得られる」としている。

1つのトランスミッターに対して、スピーカーを2台までつなぐことができる。
このため、友人や夫婦で同じコンテンツを楽しむことも可能。
ただしスピーカー単体での販売は行わないため、この使い方をするにはもう1セット購入する必要がある。

パッシブラジエーターも装備。
このパッシブラジエーターが音と連動してバイブレーションし、低音の振動を伝える。

この振動の強さは、強・中・弱で設定できる。
強にすると、上半身に振動が伝わるほどの強さで製品が震え、臨場感溢れる体験が得られる。
弱にしても振動をしっかり感じられる。
ちなみに振動をオフにすることはできない。

同社ではは用途として映画やライブ音源、ゲームなどを想定しているが、そういったコンテンツには、耳の下から広がる音場感と振動が、臨場感を高めるのに効果を発揮すると実感した。

肩に乗せて長時間使用するものなので、装着しても疲れにくいよう形状にこだわった。
背中から肩、鎖骨のラインに沿ったアーチ形状とインナークッションによって、長時間の使用やラフな姿勢でも快適かつ安定した装着感を実現するという。

形状は、日本人の体型にあわせて設定したとのこと。

全文ソース→【PHILE WEB】参照一部抜粋引用

振動も搭載されてるので、映画やゲームにはもっていこいのスピーカーかもしれないですね♪
ただ、ワイヤセスなので音質がどのくらい良いのか気になるところですが...




一瞬、テレビでも音が出てるのかと思いきやテレビでの音量0で、スピーカーからの音。

この迫力音!
音を聴いてると細かい小さな音もちゃんと出てるのが分かります♪

思った以上にいいかもしれないです^^;

タグ:ソニー
nice!(25)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

狭額縁化やデュアルカメラには追随しない? Xperia新機種の狙いを聞く! [XPERIA]

ソニーの新機種Xperia XZ1やXperia XZ1 Compactが発表されて賛否両論あります。特にベゼル幅に関していろいろ言われてますが、Xperiaが目指すものとは・・・

開発者のインタビューの中で個人的に注目したのがベゼルに関してとレンズに関してでした。

記事内容によると

最近のスマホはベゼルが細くなっているのに対し、Xperiaは上下のベゼルが太いとの指摘がある。

他社の動向は注視しているが、XZ Premiumで好評だった考え方は変えていない。
今回はフロントスピーカーを強化し、横に持ったときにステレオ感を楽しんでいただける。
薄型化のために、Motion Eyeのカメラ部品をディスプレイと重ねないよう配置したという構造的な理由もある。

他社ではソニー製のセンサーを用いたデュアルカメラが増えている。なぜXperiaでは採用しないのか?

ソニーグループとしては、たくさんセンサーを買っていただいてありがたい(笑)。
だがソニーモバイルとしては、Motion Eyeを一押しする。
単純にキレイなだけでなく、スーパースローモーション撮影や先読み撮影、さらに今回は笑顔検出やオートフォーカス連写にも対応した。今後も、単純な二眼ではなく、新しいユニークな体験を提供できないか、という方向で検討している。

他社のスマホがMotion Eyeを搭載してくる可能性はあるのか?

Motion Eyeとは、メモリ積層型のCMOSセンサーとGレンズ、画像処理エンジンであるBIONZ for mobileという3つの要素を組み合わせたカメラシステムだ。
その中でメモリ積層型CMOSセンサーの外販についてはソニーのセンサー部門の判断次第だ。
だが、その3つを合わせたMotion Eyeを搭載するのはXperiaだけになる。

全インタビュー内容は全文ソース→【IT media Mobile】参照一部抜粋引用

他のスマホも売れるとソニーも儲かる・・・
何度も言いましたが、Xperiaファン、ソニーファンとしては複雑ではありますw

確かにXperia XZ Premiumのベゼルレスの幅は広い!・・・にも関わらず各国でXperia史上最高といえるくらい今でも人気が高いのも事実。

あと、ベゼルレス(ベゼルほぼ無し)のスマホが話題になってますが、ソニー以外の企業もベゼル幅を余り変更してない新機種のスマホも発表してます。

Xpeiraしか使ったことないのでデュアルカメラがどのくらい凄いのか分かりませんが、スマホで撮影する分には申し分ないレベルだと個人的には思ってます。

Xperiaがこれからも進化していくのは当然として、どんな進化をしていくのか、Xperiaファンの1人としてこれからも大注目したいと思います。


nice!(21)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

ほぼ確定!Xperia XZ1 (SO-01K/ SOV36/ 701SO)3キャリアで投入! [XPERIA]

Xperia XZ1及びXperia XZ1 Compactの日本展開はどうなるのか3キャリアから発表がまだありませんが、Xperia XZ1の発売は3キャリアからの発売は確実なようです。

記事内容によると


Netflixのヘルプセンターにおいて、OSにAndroidを採用したスマートフォンおよびタブレットのうちNetflixをHDで視聴できる機種のリストが更新されており、Xperia XZ1が追加。


Xperia XZ1の型番(モデル番号)としてG8341、G8342S、G8343、SO-01K、SOV36S、701SOSの6型番が掲載。


SO-01KはNTT DOCOMO向け、SOV36はKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone向け、701SOはSoftBank向けの型番規則と合致。


アクセス解析を参照すると、NTT DOCOMO向けにはもう一機種、Sony Mobile Communications製のスマートフォンが用意されている模様…

全文ソース→【blog of mobile】参照一部抜粋引用

もう1つのコンパクトサイズは、今までドコモでしか独占販売してないので、今回もXperia XZ1 Compactドコモ独占になるんじゃないかと思ってますが・・・ 


 


auが明日、新サービス発表会をやるそうですがiPhone関係だと思うのでXperia XZ1はもう少し先でしょうか?


nice!(20)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース

新章突入?ソニー、新型ミッドレンジファブレットを開発中か? [XPERIA]

来年のXperiaは新章突入するという噂がありますが、気になる情報が入ってきました。

記事内容によると

GSMinfo.nlは、GFXBenchベンチマークのデータベース上に、ソニー製の未発表ミッドレンジファブレット「H4233」のデータが登録されていたことを伝えています。

新Xperia?.jpg


H4233は、フルHD(1920×1080)解像度の6.0インチディスプレイと「Snapdragon 630」を搭載するミッドレンジファブレットとなる模様。

全体的に隙の少ない仕様となっています。

ソニーの型番の命名規則において、頭文字のアルファベットは世代を表しており、「Xperia XZ1」シリーズや「Xperia XZ Premium」、「Xperia A1」シリーズなどには、すべて「G」から始まる型番が与えられています。

「H」から始まる型番を持つH4233は、完全なる 次世代シリーズの製品として登場する見通しですが、登場時期はもちろん、既存シリーズの次世代モデルとなるのか、まったく新しいシリーズの初代モデルとなるのかさえ分かりません。

全文ソース→【GGSOKU ガジェット速報】参照一部抜粋引用

アルファベット順でもGの次はH・・・今のXperai Xシリーズが3章と位置づけられてるので、Hの型番が本当なら新章・・・第4章の新Xperiaシリーズ誕生の可能性はあるんじゃないかと思ってます♪^^

nice!(21)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

Xperia XZ1/XZ1 Compactは何が新しい? 従来機と比較! [XPERIA]

日本時間の13日午前2時からアップルの発表会が開催されて、iPhone Xが発表されると思いますが、IFA 2017で発表されたXperia XZ1、Xperia XZ1 Compactもパワーアップしてます。

従来機と何が変わったのか・・・従来機と比較すると主な変更点は

記事内容によると

スクエアなメタルボディーや側面の指紋センサーなど、基本的なデザインはXperia XZ/XZsから大きくは変わっていない。


外側からは分かりづらいが、ボディーの構造は変わっている。

Xperia XZ/XZsは背面と側面を接着していたが、Xperia XZ1では背面と側面が一体となったバスタブ構造を採用しており、ソニーモバイルいわく、曲げとねじれの強度がXperia史上最高に強化された。
背面~側面に継ぎ目がなくなったことで、より美しくなった印象を受ける。

XZとXZ1.jpg
(上がXZ1、下がXZs)

プロセッサがXperia XZ/XZsのSnapdragon 820から835に変更。
これによって理論値で下り最大1Gbpsの通信が可能になり、国内で発売されれば、ドコモの最大788Mbpsやauの最大708Mbpsといった高速通信も利用できるはず。

ちなみにXperia XZ/XZsの下り速度は理論値で最大600Mbps。

気掛かりなのは、バッテリー容量がXperia XZ/XZsの2900mAhから2700mAhに減ってしまったこと。
省エネ性能が向上したSnapdragon 835を搭載しているとはいえ、200mAhの差分を補うほどなのか、スタミナが下がっていないのかは気になるところ。

カメラモジュールはXperia XZsと同じで、ソニーのメモリ積層型CMOSセンサー(Exmor RS for mobile)を用いた「Motion Eyeカメラシステム」を継承。XZsからの進化点として、人間の笑顔を検出した先読み撮影が可能。
笑ってほしいときに笑ってくれないことが多い赤ちゃんや子どもの撮影時に重宝しそうだ

カメラ機能で注目したいのが「3Dクリエーター」。アウトカメラで3Dスキャンした顔のデータからアバターを作り、カメラ撮影時に合成したり、SNSのスタンプとして使ったりできる。

Xperia XZ1は、映像や音楽をさらにリッチに楽しめるよう進化。
ディスプレイのサイズと解像度は5.2型フルHDで従来機と変わらないが、AmazonプライムビデオやNetflixで配信されているHDR対応コンテンツの再生が可能。

フロントステレオスピーカーは、高出力のアンプを搭載したことで、Xperia XZ/XZs比で約50%音量がアップし、より迫力のあるサウンドを楽しめる。

ハイレゾ相当の音源をBluetooth経由で再生できるQualcommの「aptX HD」コーデックにも新たに対応。

ハイレゾ相当の音源をBluetooth伝送できるソニーの「LDAC」も継承しているが、LDACとaptX HDでは対応するヘッドフォンが異なるため、2つのコーデックに対応することで、より幅広いワイヤレス機器でハイレゾ音源を楽しめる。

詳細スペックは全文ソース→【IT media Mobile】参照一部抜粋引用

やっぱりバッテリー容量が気になりますね。
Xperiaにはスタミナモードもあるので、たぶん普通に使う分には2日は持つと思いますが・・・

あと、カメラ機能も進化してますが、音楽機能が従来機と比べると格段にアップしてるのが分かります^^;
色んなワイヤセス機器で聴いてもハイレゾが楽しめるは良いですね♪




nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

新iPhoneの名前は「iPhone X」で確定?蘭キャリアがうっかり流出か!? [企業]

世界のiPhoneファンが楽しみにしてる、新iPhoneがいよいよ発表されますね。

うちはXperia一筋なので、「興味ないね!」(FF7のクラウド風)と言いたいところですが興味あります^^;

新しく出るiPhone、名称が色々噂にありましたが

記事内容によると

9月12日に発表される次世代iPhoneの名称が「iPhone X」となる可能性が高まってきました。 リークされたパッケージ画像には、iPhone Xという名称がはっきりと記されています。

iPhone X.jpg


公式の外装ではなく、あくまでもKPNが販促に使うためのモックアップだとされていますが、何の根拠もなく発表日を前にこのような画像を作成する可能性は低いでしょう。

iPhone Xの「X」は、ローマ数字表記で10を意味しており、iPhoneが登場してから10周年を記念した特別なモデルであることにちなんで、「iPhone8」や「iPhone Edition」と並び、この名称の可能性が以前より伝えられてきました。

全文ソース→【iPhone Mania】参照一部抜粋引用

発表されたら日本のマスメディアでも取り上げられるんでしょうね^^;
それだけ注目されてるスマートフォンなんだと思います・・・
発売から暫くは品切れ確実とも言われてるそうです。



nice!(19)  コメント(7) 
共通テーマ:ニュース

貴方はどっち?iPhoneとXperiaユーザー、端末購入時はブランド性を特に重視! [注目]

スマートフォンを持ってるユーザーの皆さんは、何を基準に今のスマホをゲットしましたか?

スマホの大きさ、バッテリーの容量、スペック、デザイン等など選ぶポイントがあると思いますが、ある調査によるとちょっと面白い結果が・・・

記事内容によると

マーケティングリサーチ機関のMMD研究所は、「国内大手3大キャリアの主要スマートフォン最上位機種の購入前意識調査」を実施。
 
調査対象は、AQUOS R、arrows NX、Galaxy S8、iPhone7、Xperia XZ Premiumを所有するユーザー計500人。

現在利用している端末を購入する際に重視した点を聞いたところ、画面の大きさ(80.8%)」が最も多く、次に「性能・スペック(80.6%)」「バッテリー持ち・充電(79.0%)」が続きました。

端末別で見たところ、AQUOS Rは「バッテリー持ち・充電」、arrows NXは「壊れにくい・頑丈」、Galaxy S8は「端末のサイズ感」、iPhone7は「操作性」、Xperia XZ Premiumは「画面の大きさ」がそれぞれ上位。

端末購入時の決め手となったものを聞いたところ、1位は「この機種のブランドが好きだから(34.0%)」、2位は「バッテリーが長持ちしそうだったから(21.0%)」、3位は「自分に合った機能・性能だったから(19.6%)」という結果に。

端末別で見ると、iPhone7とXperia XZ Premiumユーザーは「ブランド性」を特に重視しており、他のスマートフォンシリーズと比べて固定ファンが多いことが伺えます。

全文ソース→【iPhoneMania】参照一部抜粋引用

このアンケート結果、うちにも当てはまります^^;
うちの場合はブランド(企業)>デザイン>スペックの順といった感じです♪

nice!(20)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | -
2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ