So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニーミュージックが好調な業績を達成。売上高1686億円に増収♪ [ソニー・ミュージック]

先日、ソニーが決算を発表しましたが、熊本地震の影響も改善されてイメージセンサー等が好調で増収増益でした。

個人的に注目したのがSME、ソニーミュージックの業績がかなり凄いことに♪

記事内容によると

米国を拠点にするソニー・ミュージックエンタテインメントと、音楽出版社ソニー/ATV、日本のソニー・ミュージックエンタテインメントを含む連結業績は、売上高が前年比18.8%増加して1686億円、営業利益は57.6%増加して250億円の増収増益。

ソニーは音楽ビジネスの好調な理由に、音楽ストリーミングサービスからの売上増加を増収の理由としています。

映像プラットフォーム・ビジネスの好調は維持したままで、スマホゲーム「Fate/Grand Order」のヒットが増収へとつなげています。

昨年を振り返ると、2016年Q1の業績は、売上高1419億円、営業利益が159億円。
ソニーミュージックはこの時も売上高が2015年Q1から8.7%増加。

ソニーミュージックの業績をフォーマット別に見てみると、ストリーミングの売上はもはやフィジカルの売上を超えて、グループ内で最大の収益源。

Q1では、デジタル売上が51.3億円。その中では、音楽ストリーミングからの売上は38.4億円に対して、ダウンロードは12.9億円。CDやアナログレコードなどフィジカルからの売上は33.6億円に留まっています。

現在好調なのは、音楽ストリーミングサービスからの売上であることは、数字が証明しています。2016年Q3には40億円に到達しており、今季もまたそこに近づくほどの増収を達成。

全文ソース→【ALL DIGITAL MUSIC】参照一部抜粋引用

いぜんソニーのアニメ部門・アニプレックスの業績についても紹介しましたが、エンタテイメント コンテンツの業績が凄まじいものがあります♪

あとは映画部門の改善でしょうか^^;


nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:ニュース