So-net無料ブログ作成

4K HDRディスプレイの美しさに酔いしれる最新ハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を写真と動画で紹介! [XPERIA]


約5.5インチの4K HDRトリルミナスディスプレイ for mobileを備えた、64bit対応クアッドコアCPU、約1920万画素Motion Eyeカメラなどを搭載したAndroid 7.1採用のスマートフォン「Xperia XZ Premium SO-04J」。

価格(税込)は本体代93,960円、実質負担額で新規契約および機種変更で4万円台、他社から乗り換え(MNP)で1万円台が予定されています。

SO-04Jは「Xperia Z5 Premium SO-03H」以来のプレミアムモデルで、日本国内ではNTTドコモのみの発売。
4K HDRディスプレイを搭載する他、受信時最大788Mbpsに対応し、スペックも非常に高いハイエンドと呼ぶに相応しいモデル。

Xperia XZ Premium の本体色はLuminous ChromeおよびDeepsee Blackの2色展開。

表面は上部にSONYロゴが入り、ディスプレイは本製品最大の特長である4K HDRに対応した5.5インチトリルミナスディスプレイ for mobile。

背面はSO-03Hの時と同様、鏡のような鏡面仕上げの質感になっています。真ん中にdocomoロゴが入り、下部にXPERIAロゴおよび型番のSO-04Jが入ります。

上側面はキャップレス防水のイヤホン穴、スピーカー穴があります。


下側面はキャップレス防水のUSB Type-C端子、スピーカー穴があります。


左側面にはカバーに覆われたnanoUIMカードスロット、microSDXCカードスロット。
microSDXCカード最大容量256GB。


右側面は上部に音量上下キー、中央部に指紋センサー付き電源キー、下部にカメラキー。

ストレージ容量は64GB、RAMは4GBと大容量。
CPUもSnapdragon 835(MSM8998)という最新のチップセットで、64bit対応オクタコア(2.45GHz×4+1.9GHz×4)と、非常に高性能。


Xperia XZs同様、Motion Eyeカメラ搭載によるスーパースロー動画撮影も対応。

SO-04Jの4K HDRディスプレイと、SO-03Hの4Kディスプレイの比較デモンストレーションを見ると、色の再現性が上がり、よりコントラストが大きく映像を見ることができます。

肉眼で見ても1年半での進化はしっかり感じ取ることができます。

Amazon プライム・ビデオをはじめ、dTVでも4K HDRコンテンツ配信が予定されており、高画質動画コンテンツを心ゆくまで楽しめそうです。







全文ソース→【S-MAX】参照一部抜粋

ドコモが提供してる胴配信サービスdTVはすで4Kは配信してますが、4K/HDRもxperia XZ Premium(ほか対応スマホ)の発売に合せて配信されるようになります♪

最初の作品は「アメイジング・スパイダーマン」「バイオハザードIV アフターライフ」「アフターアース」「エリジウム」「2012」と、ほぼソニー作品です♪

他にもミュージックビデオなど計8作品から始まって、順次追加されていくと思います♪







4K HDR そうとう綺麗なんでしょうね♪

ソニー SONY 43V型 4Kテレビ ブラビア  KJ-43X8300D

ソニー SONY 43V型 4Kテレビ ブラビア KJ-43X8300D

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(20)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース