So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニー、動くおもちゃプラットホーム「toio」。レゴと連携、工夫で遊び方広がる! [ソニー]

ソニーは、子供達が工夫しながら作り、動かし、アクションゲームやパズルゲーム、動きのある工作などで遊べるトイ・プラットホーム「toio(トイオ」を12月1日に発売。

ゲームを収録したカートリッジなどを収録したtoio対応タイトル「トイオ・コレクション」、「工作生物 ゲズンロイド」も同日に発売。

このプラットホームにはレゴも協力。

toioは、本体の「toio コンソール」と、モーターを内蔵して動き回る「toio コア キューブ」×2台、それぞれのキューブの動きを制御する2台のコントローラー「toio リング」で構成。

遊び方は、各タイトルに付属のカートリッジをコンソールにセットし、キューブを専用のマットの上に乗せてスタート。キューブには、ソニー独自の絶対位置センサーが搭載されており、マット上の位置をリアルタイムに検出。

コンソールからの無線指示に従って様々なルールやシナリオ、アルゴリズムに沿った正確な動きをする。


例えばアクションゲームの場合、マット上に描かれた仕掛けをキューブが通過すると、センサーがその情報を読み取り、スピンするなどキューブの動作を変えられる。
これを用いて、タイトルによって変わるルールやシナリオに基づく動きが展開される。

キューブには、レゴを組み合わせる事ができる。

タイトルごとに、キャラクターフィギュアや工作物などのおもちゃも用意されているが、それにとどまらず、キューブに乗せるおもちゃの種類や形状は、子どもたちの創意工夫によって自由に変えられるこ

これにより、「タイトルから提供されるゲームや遊びのルールやシナリオにとどまらない多様な遊び方を、友達や家族といっしょに楽しめる」という。

他にも、バンダイやソニー・ミュージックエンタテインメントなどのパートナー各社がタイトルを企画・開発中。toio対応タイトルは順次拡充。










全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

とうとうソニーも おもちゃ市場に進出です!
最近のおもちゃ市場は3年連続8000億円超えでるそうです。

今回発表したソニーの おもちゃはシンプルなロボットとアピールしていて、動画を見ると、このロボット1つで色んな事が出来そうなです。

値段がちょっと高めですが(最近のおもちゃは高額なのもありますが)、発売日が12月なのでクリスマスプレゼントにも良さそうです♪

予約限定販売中です♪ https://first-flight.sony.com/pj/toio



タグ:ソニー
nice!(23)  コメント(6) 
共通テーマ:ニュース