So-net無料ブログ作成

ソニー、4K有機ELテレビ「BRAVIA A1」。画面が鳴るもう一つのフラッグシップ! [ソニー]

ソニーは有機ELテレビ「BRAVIA A1」を6月10日から発売。
65型の「KJ-65A1」と55型「KJ-55A1」を用意、価格はオープンプライス。

BRAVIAhatu.png


BRAVIA初の有機ELテレビで、有機ELの特性を生かした漆黒の表現やコントラスト感などの画質性能に加え、画面そのものが震え、“映像と融合した音”が楽しめる「アコースティックサーフェイス」を採用。スタンドと画面を組み合わせ、映像だけが浮かんで見えるデザインも特徴。

65/55型のいずれも3,840×2,160ドットの有機ELパネルと、HDR対応の高画質プロセッサ「X1 Extreme」を搭載。

自発光デバイスである有機ELパネルを活かし、Ultra HD Blu-rayなどのHDR高画質を引き出す。

有機EL向けに、暗部の階調表現などの処理を新たに導入。

広色域なトリルミナスディスプレイやデータベース超解像を行なう「4K X-Reality Pro」も搭載。

有機ELによる画質に加え、サウンドもA1の大きな特徴。

テレビの画面そのものを振動させる「アコースティックサーフェイス」を搭載。

画面を振動板として利用するもので、4基のアクチュエータと1基のサブウーファによる2.1ch構成を採用。

左右や上下のスピーカーではなく、「画面自体から音が出る」ため、自然なリップシンクやセリフの聞こえやすさを実現。「映像のリアリティを向上する」。

デジタルアンプのS-Masterやフロントサラウンド技術の「S-Force Surroud」により、広がりあるサウンドを実現。

AACなどの圧縮音源を補間して高音質化する「DSEE」も搭載。

EthernetとIEEE 802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetoothを備えており、映像配信サービスの視聴やスマートフォン連携(Video & TV SideView)が行なえる。

OSはAndroid TVで、映像/音楽配信サービスや写真やゲームアプリ、検索などに対応。Google Playからのアプリダウンロードや、Chromecast built-inによるスマートフォンからのコンテンツ出力操作に対応する。


Android TVは最新バージョン(Android TV 7.0)にアップデートされ、Android TV表示画面にテレビ放送等の小画面表示が行なえるようになったほか、タスク切換機能も追加。

テレビやHDMI入力などの画面を表示しながら、設定画面をオーバレイしてAndroid TVの設定が行なえる。

Netflixや、ひかりTV、Hulu、Amazonビデオ、dTV、YouTube、DAZN、スポナビライブ、AbemaTVなどの映像配信サービスに対応。
Google Play Movieにも対応し、リモコンに専用ボタンを備えている。

これまでのソニーAndroid TVでは、電源OFF時にリモコンの局ボタンを押しても、テレビは起動しなかったが、新BRAVIAでは見たい局のボタンを押すだけで、テレビが起動し、選局も行なう「チャンネルポン」に対応。

リモコンは音声操作対応で、録画番組検索やYouTubeの検索などが可能。

ソニー独自の音声解説技術により、音声予約や絞込み検索機能を新搭載し、時制(いつ)×キーワード(何を)×アクション(録画/再生)による、操作に対応。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

今年のCES 2017で話題になった世界初、テレビ画面から音がでるBRAVIAがついに来月発売♪

画面から音がでる・・・という点に注目してましたが、画質の向上はもちろん、沢山の機能が詰め込まれてますね^^;

今までの弱点も克服してるBRAVIA、発売日は6月10日♪








タグ:ソニー BRAVIA
nice!(23)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース