So-net無料ブログ作成
検索選択

こんなにも高い…“津波がわかる広告”ヤフーが込めた思いとは? [企業]

ヤフーは3月12日(日)まで、銀座ソニービルに2011年3月11日の東日本大震災で発生した最大津波16.7メートルを“想像”できる防災広告を掲示。

ソニービル311.png

東日本大震災では、最大16.7メートルの津波が東北地方の太平洋沿岸を襲い、甚大な被害をもたらした。

本広告は、数字ではイメージが難しい“津波”の高さを、ビルを利用し示すことで3.11の様子をわかりやすく示している。

「ひとりでも多くの方の防災に繋げるために、人々の記憶に残る印象的な媒体で伝えたい思い、今まで色々なメッセージを発信してきたソニービルが閉館する前に、東京の真ん中の銀座にあるソニービルで実施したいと考えました」・・・ヤフー広告担当者

全文ソース→【Walker+】参照一部抜粋

数字だと分かりにくいイメージがありますが、こうやって広告にすると どれだけ津波の高さが凄かった分かりますね。

風化しないようにしないといけません。


nice!(20)  コメント(5) 
共通テーマ:ニュース