So-net無料ブログ作成

Sony MobileはMWC 2017で4K・Snapdragon 835モデルなど5機種を発表か? [XPERIA]

Sony Mobile が MWC 2017 で発表すると言われる 5 機種の新型スマートフォンに関するコードネームや一部のスペックを海外の WEB サイト review.ge がスクープと銘打って伝えていました。

Sony Mobile の 2017 年モデルについては、まだ低価格帯の G3XXX シリーズしか確認されえいませんが、同サイトによると、フラッグシップ級のスペックを備えた機種も開発されている模様です。ソースには全く言及していないので、どこまでが事実なのかは定かではありません。

”Yoshino” は 5.5 インチの 4K ディスプレイや Snapdragon 835-プロセッサ、Sony IMX400 イメージセンサー、4 GB または 6 GB RAM(LPDDR4X)を搭載。

”BlancBright” は 5 インチ WQHD ディスプレイ、Snapdragon 653(もしくは Snapdragon 835-i)プロセッサ、4GB RAM、Sony IMX400 イメージセンサーを搭載。

”Keyaki” は 5.2 インチフル HD ディスプレイ、Helio P20-プロセッサ、4GB RAM、64GB ROM、2,300 万画素カメラ、前面に 1,600 万画素カメラを搭載。

”Hinoki” は、5 インチ HD ディスプレイ、Helio P20 プロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラを搭載。

”Mineo” のスペックは不明とされていますが、価格的には $350 水準になるそうです。

おそらく、正統なフラッグシップモデルは “BlancBright” で、“Yoshino” は Xperia Z5 Premium の後継といった実験的な機種になると予想されます。

全文ソース→【ガジェット通信】参照転載

MWC 2017開催まで約1ヶ月ですが、この時期になると毎年のようにリーク合戦の始まりでもあります^^; 当たるか当たらないかは別として、Xperiaいちファンとして期待感は高まりますw


nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

草なぎ剛『嘘の戦争』冬ドラマ初回満足度ダントツトップ - 演技に高評価! [torne(テレビ)]

今冬から新ドラマが始まりましたが、みなさんは何か観てますか?
自分は毎週火曜の21時から放送されてる草なぎ剛主演による【嘘の戦争】にハマってしまいました。
久しぶりに録画しといて良かったと思えるドラマです♪

その【嘘の戦争】が調査によると初回満足度ランキングでダントツトップになったそうです♪

データニュース社が運営する視聴状況調査「テレビウォッチャー」による、1月スタートの冬の連続ドラマ初回放送分の満足度が出そろい、元SMAPの草なぎ剛が主演を務める関西テレビ・フジテレビ系『嘘の戦争』が、ダントツのトップ。

嘘の戦争ダントツトップ.jpg

調査は、関東1都6県2,400人を対象に実施しているもので、満足度は5点満点で評価。
全体の数値傾向から、3.7以上を高満足度と位置づけているが、『嘘の戦争』は、それを大きく上回る4.03を記録。

同作は、草なぎ演じる幼い頃に家族を殺された主人公・浩一が、天才的な詐欺師となって復讐を果たそうとする姿を描くストーリー。

自由記述による感想を見ると、「面白い!草なぎくんの演技が本当にすごい」(55歳女性)、「草なぎ剛の表情の演技が素晴らしかった。
次回以降も観たいと思った」(47歳女性)など、草なぎを絶賛する声が相次いでいる。

初回で4.03という数値は、2位に0.5ポイント差をつけるダントツの1位。
さらに、昨年放送されたプライムタイム全連続ドラマの初回1位だった『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系、10月クール)の3.99も上回る高記録。


視聴率は、初回の11.8%から、第2話で12.0%に上昇。テレビウォッチャーが、初回放送後に次回の視聴意向を尋ねると「絶対見る」と答えた人が64%に上っている。


全文ソース→【マイナビニュース】参照一部抜粋

毎週、草なぎ剛演じる浩一がどういった詐欺(嘘)で相手を騙すかという点、そして浩一を徹底的に怪しんでる藤木直人演じる二宮隆との駆け引きも面白いです。

あくまでドラマの話であって、詐欺するのは駄目です^^;


nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:テレビ

ソニー強し!45兆個の「センサー市場」は日本の独壇場 [ソニー]

人を介さない社会を目指すIoTにとって、最も重要な電子デバイスはセンサー。
従来はCPUやメモリーだったが、これからは人間の五感である「見る」「聞く」「話す」「かぐ」「触る」に相当する部分を鋭く機能させることが欠かせない。
情報を自動的かつ正確にインプットできなければ、アウトプットもできない。
すべてはセンサーから始まる。

センサーの世界市場は現状でまだ3兆円程度であるが、ここ数年のうちに10兆円を超えてくることは確実。

このCMOSイメージセンサーを作っているのは誰か。

世界のスマホの約6割、デジカメの約8割、その他のCMOSイメージセンサーを搭載している機器の5割以上はソニー製。

ほぼ独占市場と言いってもいいだろう。
サムスンも米国勢もチャレンジはしているが、ソニー製にはかなわない。
それだけ、ソニーは卓越した技術を持っている。

そのすごさを示す典型例が2つ。

1つは1億画素のCMOSイメージセンサー、もう1つは0.005ルクスでも見えるCMOSイメージセンサー。「1億画素」とは、1000メートル離れた人間の顔でさえはっきりと写し出す能力。
また「0.005ルクス」とは、月も出ていない真っ暗闇の状態を指す。
もちろん、いずれも肉眼では何も見えない。

それがソニーのCMOSイメージセンサーなら見通せてしまう。
色も形も明確にとらえる。

つまり、ソニーのCMOSイメージセンサーは人間の目を完全に超えたということ。
たとえば、これを防犯カメラに搭載すれば、犯罪は10分の1に減るとまでいわれている。
あるいはアメリカのFBIが採用すれば、検挙率は50倍に達するかもしれない。

IoTの時代になれば、CMOSイメージセンサーの重要度はいっそう増す。

この分野でソニーに続くメーカーといえば米国のオムニビジョン、韓国のサムスン、同SKハイニックスなどがあるが、技術開発水準さらには量産のための設備投資という点ではとてもソニーには及ばない。

全文ソース→【東洋経済オンライン】参照一部抜粋

このブログでも何度かソニーのイメージセンサーの凄さに関する記事は紹介しましたが、やっぱりソニーのイメージセンサー技術は凄い・・・の一言です。

iPhone等にもソニー製のイメージセンサー搭載してるので、iPhoneが売れれば売れるほど、ソニーにっては・・・Xperiaの事もあるので、ちょっと複雑な気もしますが、ソニーのイメージセンサーには更なる強化とか期待して、色んな製品にこれからも搭載されていくといいですね。


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

「It's a Sony展」前半が2月12日終了、来場者は75万人突破。後半は2月22日から! [ソニー]

東京・銀座ソニービル建て替え前のカウントダウンイベントとして開催中の「It's a Sony展」。

その前半(Part-1)が、2月12日に終了。

来場者数は1月24日までの時点で75万人を突破。
後半(Part-2)の開始は、当初の予定から延期されて2月22日より開始。

「It's a Sony展」は、2017年4月から予定されているソニービルの建て替えに先立ち、ソニービルが歩んだ50年の歴史と、今後の進化について紹介するカウントダウンイベント。

'16年11月12日から開催中のPart-1は「歴史」をテーマに、ソニー創業(1946年)以来の商品として、日本初のトランジスタラジオ「TR-55」や初代ウォークマン「TPS-L2」、エンターテインメントロボット「AIBO」などを、当時の広告などとともに展示。

1月24日までの73日間で、延べ約75万人が来場した。4階では期間限定のラバーストラップも販売し、価格は500円(税込)。


2月22日~3月31日まで行なわれるPart-2は「未来」をテーマに、ソニービルの建築上の特徴である花びら構造を活かしたインスタレーションや、ライブやトークショーなどのイベントを展開。

2018年夏にオープン予定の「銀座ソニーパーク」のコンセプト「街に開かれた施設」を体現した“都会の真ん中のパーク”を体感できる空間を作る。

また、ソニー・ミュージックエンタテインメントによる“書類審査なし”のオーディションイベント「旅する面接ちゃん」(対象は10代のみ)や、バンド「杏仁ショーケストラ」のライブ、「DAVID BOWIE is ~プレミアム・トークショー~」などの館内イベントも行なわれる。

全文ソース→【AV Watch】参照一部抜粋

It's a Sony展 好評のようですね^^

前半は2月12日までなので、都内在住の方、東京の行く機会ある方、近場の人など、足を運んでソニーの歴史を振り返ってみてはどうでしょう?
「こんな製品も作っての?」と思うような物も多々あるかもしれません♪

来場者数もすでに70万人突破してるなら、100万突破もいきそう♪


nice!(24)  コメント(3) 
共通テーマ:ニュース

成田空港で忍者に扮したハローキティと不思議な写真撮影! [ソニー]

成田国際空港に旧正月の期間中(2017年1月27日〜2月14日)、ハローキティとコラボレーションしたフォトスポット「TOF☆Hello Kitty(トフ☆ハローキティ)」が設置されることがわかりました。

「TOF☆Hello Kitty」では、デジタルサイネージ下部に設置された「距離を測定する技術(TOF)」搭載のカメラにより、不思議な写真撮影を実現します。
 
ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスによると、フォトスポットでは人や壁、地面などの物体の距離を計測、その空間に合わせた3Dアニメーションの表示、人のポーズを認識しポーズに沿った演出の表示、人の輪郭を切り出し、背景を活かしたまま人物を透明にしたり、複数に分裂させたりして表示、といったことが可能です。

ソニー分身.png
 
それにより、忍者の格好をしたハローキティの忍術ポーズを真似すると、ディスプレイに映った自分の姿が透明になる「隠れ身の術(透明体験)」や、自分の姿が3人に分裂する「分身の術(分身体験)」の写真を撮ることができます(画像は分身の術のイメージ)。

全文ソース→【iPhoneMania】参照一部抜粋

料金は無料で先着3000名に体験してくれた人にはプレゼントもあるそうです♪
忍者は海外でも侍同様 人気あので海外の人にも記念に良いかもしれないですね。

ソニー・デジタルエンタテインメント サービスお知らせ https://www.atpress.ne.jp/news/120689



因みに、長崎でも中国の旧正月にあたるランタンフェスティバルが同じ期間に開催されます^^


nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

Xperia Z3+ / Z4 Tablet / Z5向けのAndroid 7.0 Nougatアップデートの再開はもうしばらく時間がかかる模様 [XPERIA]

Sony Mobileが Xperia 関連情報の公式 Twitter アカウントを通じて、Xperia Z3+、Xperia Z4 Tablet、Xperia Z5 シリーズ向けの Android 7.0 アップデートでトラブルが発生し、現在対策に取り組んでいることを明らかに。

配信を停止した理由についてはファームウェアに欠陥があるとしか述べていないので、トラブルの原因は不明。「問題は修正済み」だとツイートしていたので、まもなく配信が再開すると予想されていますが、Sony Xperia News は「できるだけ早急に配信を再開します」としながらも、「ユーザー体験を優先させている」ため配信までにもうしばらく時間がかかると述べています。

全文ソース→【ガジェット通信】参照一部抜粋

Xperia Z3+ は国内ではXperia Z4に当たるので、日本でのアップデート配信ももう少し先になりそうですね^^;


nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

ソニー「ニューススイート」のiPhone版アプリ。AIが記事を推薦する機能も♪ [ソニー]

ソニーネットワークコミュニケーションズは、無料のニュースアプリ「ニューススイート」のiPhone版を提供開始した。iOS 9.0以降のiPhoneなどで利用できる。

Android版アプリは提供中で、Android 4.1以降のスマートフォン/タブレットに対応。

ニューススイートは、「いま知りたい『世の中の出来事』と『自分の関心事』、そのどちらにも簡単にアクセスできる、生活のオンオフのニュースが一式(Suite)揃うニュースアプリ」としており、幅広い分野の「ニュース」タブと、キーワードに関するトピックスや趣味の専門記事などの「お気に入り」タブをクイック切り替えで利用できるのが特徴。

「ニュース」タブには、エンタメ/社会/スポーツ/ビジネス/グルメ/テクノロジー/ビューティなどの、ジャンルごとのニュースを用意。
「お気に入り」タブでは、趣味のニュースや好きなアーティストのブログなどを集めることができ、キーワード入力やテーマカタログから記事を収集してカスタマイズできる。ニュースとお気に入りはワンタッチで切り替えられる。

既に提供中のAndroid版は、インストール総数5,000万、世界70か国で展開し、月間700万人が利用。ソニーのXperiaスマートフォンにはプリインストールされている。

Android版には、ソニー独自開発のAIが自動的に推薦記事を解析する機能「For You」を導入。
これにより、自分の興味にあったニュース記事を毎日読めるという。
iPhone版も、同機能に後日対応予定。

全文ソース→【AV Watch】参照ほぼ転載

Xperiaユーザーにはお馴染みのニュースアプリがiPhoneにも遂に対応!
もちろん うちも使わせてもらってます^^ Androidユーザー及びiPhoneユーザーで対象スマホを使ってる人は、試しに1度使ってみてはどうでしょうか?
自分だけのニュースが完成すると思います♪


nice!(23)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

新スパイダーマンは黒人マイルズ・モラレス!アニメ映画版の主人公明らかに! [ソニーピクチャーズ]

新作アニメ映画版「スパイダーマン」の主人公が、アフリカ系アメリカ人の父とプエルトリコ人の母とのハーフである黒人青年マイルズ・モラレスに決定したと米ソニー・ピクチャーズ・アニメーションが発表。

アニメスパイダーマン.jpg

The Wrap などによると、マイルズはバラク・オバマ第44代アメリカ大統領と俳優ドナルド・グローヴァーからインスピレーションを受け、マーベル編集長のアクセル・アロンソと漫画家ブライアン・マイケル・ベンディス、アーティストのサラ・ピッチェリから生み出されたキャラ。

初代スパイダーマン、ピーター・パーカーの死後、2011年8月に発売されたコミック「アルティメット・フォールアウト(原題) / Ultimate Fallout」第4号でマイルズは初登場を果たし、「アルティメット・コミックス:スパイダーマン(原題) / Ultimate Comics: Spider-Man」では主役を務めている。

全文ソース→【シネマトゥディ】参照一部抜粋

今年は【スパイダーマン ホーム・カミング】も公開、そして2018年夏公開予定の【アニメ版スパイダーマン】、更に2019年夏頃に【スパイダーマン ホーム・カミング2】(仮)が公開と、今年から毎年スパイダーマンが公開されます♪

実写版同様、アニメ版の方も話題になりそうですね♪

スパイダーマン トリロジーBOX [Blu-ray]

スパイダーマン トリロジーBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

アメイジング・スパイダーマンTM アメイジング BOX(3000セット限定) [Blu-ray]

アメイジング・スパイダーマンTM アメイジング BOX(3000セット限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

アメイジング・スパイダーマンTM 1&2パック (初回限定版) [Blu-ray]

アメイジング・スパイダーマンTM 1&2パック (初回限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

本日の気になったニュースや話題! 2017/01/24


nice!(2)  コメント(0) 

新スパイダーマンが救う 街の治安とソニーの映画事業 ! [ソニーピクチャーズ]

2017年が明けてすぐの1月7日、スパイダーマンの新シリーズとなる『スパイダーマン:ホームカミング』の場面写真が初解禁。

全米で7月7日、日本では8月11日に公開される『スパイダーマン:ホームカミング』は、3年ぶりに登場するスパイダーマンの新シリーズ。主人公のピーター・パーカーは15歳の少年で、その高校時代のストーリーが描かれる。


夏の超大作の世界公開に向けて、製作・配給元のソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは新年早々から話題づくりに躍起。
今回、設定を大きく変えて復活するスパイダーマンだが、実はその裏には製作するソニー・ピクチャーズが抱えている、映画事業の大きな課題が。

ソニー・ピクチャーズは近年元気がない。

16年の総年間興行収入113億7500万ドル中、ソニーのシェアは8.0%で、ハリウッドの大手映画会社6社の中で5番目(Boxofficemojo.com調べ)。

2000年代のソニーは好調だった。

シェア1位を02年、04年、06年に記録。
『スパイダーマン』シリーズや『ダ・ヴィンチ・コード』が稼ぎ頭となった。

だが、12年に『007 スカイフォール』『アメイジング・スパイダーマン』の大ヒットでシェア1位になったのを最後に、シェアは低下傾向に。

苦戦の原因は売り上げの柱となる人気シリーズの少なさ。

各映画会社は年間に10数本から20本以上を劇場公開。
基本的なラインアップ戦略は、売り上げの柱となる人気シリーズを毎年公開しつつ、シリーズ化を視野に入れた大作(アクションが中心)を巨額の製作費をかけて作り、比較的予算の低い中規模・小規模の作品で1年間を埋めていく。

劇場興行収入が大きければ、その後のブルーレイ・DVD販売やテレビ放映権の売り上げも比例して大きくなる傾向にあり、各社は劇場での大ヒットが見込める大作の製作に力を入れる。

ソニーの作品で10年以降、米国で興行収入2億ドルを超えたのは『007』と『アメイジング・スパイダーマン』の2シリーズのみ。

16年には、宗教象徴学者ラングドン教授が活躍する人気シリーズ作で7年ぶりに復活した『インフェルノ』、シリーズ化を視野に入れ女性主人公でリメイクした『ゴーストバスターズ』が公開されたが、2億ドルには届かず期待外れの興行成績。

現状では『007』と『スパイダーマン』頼みになっているソニー。

この2作品にも不安を抱えている。『007』シリーズはイオン・プロダクションズが製作し、ソニーが『カジノ・ロワイヤル』(06年)から配給してきたが、『スペクター』(15年)で配給委託契約が満了。

映画業界紙バラエティによると、ソニーをはじめユニバーサルやワーナー・ブラザースなどが今後の配給権を巡り争奪戦を繰り広げているという。
さらに『カジノ・ロワイヤル』から『スペクター』までジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグが肉体的な限界を理由にボンド役からの引退を示唆する発言をする一方、最近では続投に意欲を見せている。

『スパイダーマン』はもともと02~07年にかけて、サム・ライミ監督による3部作が作られ大ヒット。『アメイジング・スパイダーマン』は監督と出演者を代えて新たにシリーズ化。

12年に公開した1作目は興行収入が2億6200万ドルで、07年『スパイダーマン3』の3億3700万ドルを下回った。14年の2作目が2億300万ドルと落ち込んだ。

スパイダーマンの人気下降を受けて、ソニーでは思い切ったテコ入れ策に打って出る。
アイアンマンやキャプテン・アメリカなどの作品の権利を保有するマーベルとの共同製作だ。

スパイダーマンはマーベルのキャラクターだが、ソニーが映画化権を取得して製作しており、マーベルが製作する映画には登場しなかった。
それを共同製作に切り替えることで、マーベルは自社の映画にスパイダーマンを登場させることが可能になり、ソニーはスパイダーマン人気を高めることが期待できる。

マーベルが製作して16年に公開された『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にスパイダーマンが姿を現し、評判は上々。

そして、いよいよスパイダーマンの新シリーズとなる『スパイダーマン:ホームカミング』が今年の夏、全世界で公開となる。
特別映像で表明されたように、アイアンマンも登場すると思われるので、話題が広がり大ヒットする可能性は高い。ソニーでは早々と2作目を19年夏に公開すると発表している。

『スパイダーマン:ホームカミング』が今年のソニーの稼ぎ頭となるのは間違いなく、スパイダーマン新シリーズの成否が映画事業の行く先を占う試金石ともなる。

スパイダーマンが劇中で果たす役割は、悪と戦いニューヨークの街の治安を守ることだが、ソニーからは映画事業の救世主という重い役割も負わされた。
復活するスパイダーマンにかけられた期待は大きい。

全文ソース→【NIKKEISTYLE】参照一部抜粋

う~ん、昨年公開された【インフェルノ】ですが、個人的に世界的にも大ヒットすると思ってただけに、期待してた以上にはヒットされなかったのは残念です。。。面白いんだけどなぁ^^;

新生スパイダーマン・・・期待してます♪

スパイダーマン トリロジーBOX [Blu-ray]

スパイダーマン トリロジーBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

アメイジング・スパイダーマンTM 1&2パック (初回限定版) [Blu-ray]

アメイジング・スパイダーマンTM 1&2パック (初回限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース